上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんで、NHK のニュースまで「エンブレム」なんてカタカナ語を使っているのかなあ。しかも何の説明なしで。

ニュースを見ながら、「エンブレムってなんだ?」と思っている人が全体でも四割ぐらいはいるような気がするけれど。わたし以上の高齢者なら五割以上だろう。
コメント
この記事へのコメント
コメントをいただいたのを受けて訪問しました。久しぶりの更新を拝読し、うれしく思いました。

「エンブレム」は、五輪のシンボルマークが入ったものを指す(入らないものは「ロゴ」と呼ぶ)、というオリンピック委員会としての規定があるようで、マスコミはそれに従っているのでしょうね。

英文メディアをウェブで読むと、emblem に限らず logo を使っている記事も目にするので、そのへんは日本人ほど律儀ではないようです。

「エンブレム」は、紙面・画面で問題のデザインといっしょに見れば、何を指しているのかわかる人がいると思いますが、私があきれたのは、これが決まった時に組織委員会が出した説明文です。「ダイバーシティ」や「インクルーシブ」といったカタカナ語が使われ、どうしたらあのような醜悪な文を考え出し、公にできるのか、理解できませんでした。

なお小生、子供が成長し「子守」も過去の事となったのでハンドル名を変更しました。時の流れは速いものです。

2015/09/02(水) 22:05 | URL | tempus fugit #SHLDkvn6[ 編集]
スポーツ大会の「エンブレム」というのがなぜ必要なんだか、いまだによくわかりません。大阪万博のときの「太陽の塔」みたいなものなのかな。

その「ダイバーシティ」「インクルーシブ」とかいうそういう煙に巻くような説明は、なんとなくそれらしい説明を後付けで考えたんじゃないかなと思います。

「理屈と膏薬は何にでも付く」といいますが、どんなデザインでも何とでもいえますからね。
2015/09/10(木) 14:30 | URL | たんご屋 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/579-c098427b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。