上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
動画を見ながら画面に字幕をつけていくという作業をやっている。英語のスクリプトをもらってそれを日本語に訳す、というのは2回ぐらいやったことがあったけれど、こういう作業は生まれて初めてだ。

もちろん、わたしの聴解力では完全に理解することを保証できないので、別の人の取ったスクリプトももらって作業をしている。しかし、そのスクリプトも完璧ではなくて、こりゃ間違いだろう、と思う部分もけっこうある。

いまのところ、新鮮でおもしろいと感じている。映画のようなものではなくてインタビューなので芸術的な要素はまったくないけれど、それでも、文章の翻訳と違って「すべてを訳せない」というところが逆におもしろい。それと、テレビで鳥飼玖美子先生が意味を説明するときのように、発言の順番のとおりに前から前から訳していく、という作業にも工夫が必要で、それも楽しい。
スポンサーサイト
なんで、NHK のニュースまで「エンブレム」なんてカタカナ語を使っているのかなあ。しかも何の説明なしで。

ニュースを見ながら、「エンブレムってなんだ?」と思っている人が全体でも四割ぐらいはいるような気がするけれど。わたし以上の高齢者なら五割以上だろう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。