上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二葉亭四迷だったか坪内逍遙だったか、弟子がもってきた翻訳文の原文を見ないで訳文だけを見て朱を入れたという話を聞いたことがある。こなれていない訳文は原文が透けて見えるので原文を見る必要がなかったのかもしれない。それにしても、翻訳のうまさは日本語のうまさだということをよく表している逸話だと思う。

何十年か前、新卒で会社に就職したころ、本来の業務とは別に、よく日本語を英語に訳させられたり英語を日本語に訳させられたりした。

いま思えば、よく恥ずかしげもなく訳したものだと思う。わたしの母校は英語教育に定評のある大学だったが、わたしの専攻は英文科でも語学科でもなく、たいして英語ができたというわけではない。まあ、それ以上に日本語に対する認識が甘かった。日本人なのだから日本語なんて読めるし書けるよ、と軽く考えていた。

その後、テクニカルライティングの会社に転職したのだが、その会社での仕事を通じて、自分の書く日本語がいかにデタラメだったかということがよくわかった。何回書き直しても赤ペンで修正が入る。最終稿になってもどこか自信のもてない不満の残る文章にしかならなくて、これで完ぺきという文章になることは一度もなかった。

それはいまでもそうである。英語もそうだが日本語もなかなか上達しない。このブログの文章でも、あとで間違いに気づいたり、この表現は誤解されるかもしれないなと思って書き直したりすることはしょっちゅうである。

翻訳の専門家でも何でもない新入社員のわたしが翻訳をやらされたということからもわかるように、翻訳という仕事はどこかなめられていると思う。あんなもの、英語のできるひとの余技じゃないかと思われている。実際、英語ができるというだけで頼まれ仕事で翻訳をするひとも多いだろう。そういうひともいるので実務翻訳の相場も高くならない。専門性の高い職業のはずだが報酬は非常に低いのが現実である。なんとかならないものか。
コメント
この記事へのコメント
そんな風に文章を直してもらえる経験があるということが、羨ましいです!たんご屋さんの文章の読みやすさの由来がよく分かりました…
字幕に関しても思うんですが、「読めればいいから安く上げて!」という需要があること、そして、ひどい訳でも安さに甘んじれば買ってもらえる→なーんだ、売れるんじゃん→これでいいんだ、という悪循環が発生しているように思います。
2007/06/10(日) 11:48 | URL | すー #-[ 編集]
いえいえ、日本語も英語もなかなかうまくなりません。死ぬまで修業です。
そうですね。語学関係の仕事では、通訳はわりに専門職として認識されているかもしれませんが、翻訳や日本語教師はボランティアの(ボランティアでもできる)仕事と認識されているような気がします。
ボランティアでもできる仕事に高い報酬を払う人はいません。そうすると儲からない仕事と認識され、優秀なひとが集まらなくなり、技術が停滞します。その結果、専門性のない仕事という認識がますます広がります。本当に悪循環ですね。
2007/06/10(日) 14:36 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
早速 新ブログにリンクしていただいてありがとうございます。
リンクのお願いにあがろうと思っていたんですが、
出遅れました! これからもよろしくお願いいたします♪
2007/06/11(月) 08:12 | URL | すー #-[ 編集]
すーさん、かわいらしいブログに引っ越されたのですね。
これからもよろしくお願いいたします。
2007/06/11(月) 08:26 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/102-17d0ce84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。