上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



大人のための文章教室」という本をご紹介する。小説家の清水義範さんによる文章の手引き書である。とても読みやすい。通勤の一往復で読めるだろう。清水さんの本は小説でもエッセイでもたいてい読みやすい。あまりにすらすらと読めてしまうだけに頭に残りにくいくらいだ。

前半は、ワープロと手書きの問題、接続詞の使い方、句読点の使い方、「ですます調」と「である調」の使い分け、口語的な文の効果的な使い方といった、まさに「文章教室」といった内容が書いてある。中ほどからは、マネをしてはいけない文章、手紙の書き方、紀行文の書き方、随筆の書き方といった、ハウツー本のような内容になっている。

1 つの文章は 1 つの主題にしぼって書けという指南がためになった。このブログのようなとりとめのない文章を書いていると、これも書こう、あれも書こうと欲が出て、まとまりのない冗長な文章になってしまうことがわたしには多い。自戒しようと思う。

(以前別のブログに書いた記事を改変して再掲しました)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/128-9f330343
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。