上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
動画共用サイトの YouTube(ユーチューブ)を「ようつべ」という言いかたがあるらしい。ローマ字で読んでいるのだ。似たようなのに home page(ホームページ)を意味する「ほめぱげ」というのもある。一種のことば遊びで、わかるひとにはわかるように表現した隠語なのだろう。

わたしはこういう隠語は嫌いというか恥ずかしくて使えないが、こういう隠語を使うひとたちは逆に「ユーチューブ」「ホームページ」といったまっすぐな言いかたのほうが恥ずかしいのだと思う。

そういえば、知り合いの 70 代の男性はアメリカン スクールで英語を教えていたとかいうひとだが、ホームページのことをいつも「エイチ・ピー」という。そのたびに
「そりゃどう聞いても Hewlett-Packard(ヒューレット・パッカード)社のことやがな」
と密かに思う。そんなに英語のできるひとがなぜそう言うのか未だによくわからない。

ちなみに、日本語の「ホームページ」ということばが和製英語かどうかはという話はややこしいのだが、少なくとも日本語でふつうに使うホームページということばの意味と英語の home page ということばの意味は異なるようだ。もともとは英語の home page はブラウザを起動したときに最初に表示されるページのことらしい。日本語の「ホームページ」に当たる英語は web page(Web ページ)か web site(Web サイト)である。


関連記事:
「リンクフリー」「相互リンク」ということば
ウェヴサイト
メールマガジンは mail magazine ではない
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/133-f0e373e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。