上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野球のイチロー選手が大リーグのオールスターゲームで MVP を獲得する大活躍をしたという。そのニュースをテレビで見ていたら、相手リーグチームの監督がイチローを称えて

He's an artist with that bat.

といった。そして、字幕だったか、少し遅れた吹き替えだったか忘れたが

彼は芸術的なバッターだ

と訳された。なぜ a bat でなくて that bat だったのかはわたしの英語力ではわからないので措いておくとして、an artist with that bat をふつうに訳すと「バットを持った芸術家」になる。それを「芸術的なバッター」と訳しているということは何かそういう成句でもあるのかなと思った。

ところが、ネットで検索してみると多くのニュースサイトは「バットを持った芸術家」と訳しているようである。「芸術的なバッター」と訳したメディアは少なかったようだ。

もう 1 つ、芸術家というとわたしは画家、彫刻家、音楽家などを連想する。新辞林でも「画家・音楽家・作家など芸術活動を行う人」と定義されている。この発言での artist はたぶんそうではなく、日本語の「アーチスト」、つまり、演奏者や演技者などを含むいわゆる芸人、performer に近い意味なのではなかろうか。だから、「バットを持ったアーチスト」のほうがよいのではないかと思った。

an artist with a bat を複数の翻訳サイトに訳させてみると「バットをもつアーティスト(Yahoo 翻訳)」「バットをもっている芸術家(Excite 翻訳)」などという訳がほとんどだった。しかし、ブラザー TransLand はなんと「バットの名人」と訳した。おお、idiomatic だ。なんとなくそれらしい。

あらためて artist をいろいろな辞書で引いて見てみると、Collins COBUILD English Dictionary に次のような定義と用例があった。

If you say that someone is an artist at a particular activity, you mean they are very skilled at it.
Jack is an outstanding barber, an artist with shears.

なるほど、これか。この用例は「ジャックはすばらしい理容師で、ハサミの名人である」と訳してもよいだろう。そしてそれは「芸術的な理容師」のことでもある。

そうすると、最初に戻って「芸術的なバッター」という訳は間違いだったのではなく、むしろうまい訳だったということか。


関連記事:
scientific wrestler
漢字と英単語
performers
コメント
この記事へのコメント
たんご屋さん、こんにちは。
イチローの活躍をテレビで見ましたが、そのコメントは知らなかったですね。でも、私もその意味をちょっと考えてみました。

私達の領域でも、"art of medicine"と言います。これは、”医術”となるでしょうか。医学の勉強や経験などから培われた医者としての腕前を指すのですね。"art"そのものは、やはり"skill acquired by experience, study, or observation"とMerriam-Webster dictionaryでは書いてあります。
そうすると、"artist"そのものも、”名人”とか”熟練者”のような意味が合うような気もします。

ただ、あのイチローの打ち方は、普通の打者とはかなり異なっていて、どんな打球でも。。まるで踊っているようにボールを捉えるところは、たんご屋さんおっしゃるところの”パフォーマー”に近いのかも知れませんね。

だから、この二つの意味をかけているのかな・・と推測してみました。
2007/07/16(月) 12:45 | URL | Mickey #-[ 編集]
Mickey さんはオールスターゲームのときにサンフランシスコにいらっしゃったのでしたね。
なるほど、掛詞ですかね。英語としては掛詞と意識しなくても同じ意味に認識されているということはありませんか。日本語で「アーチスト」というときは、そういう意味全般が含まれているような気がします。
それより、なぜ、a bat じゃなくて that bat だったのでしょうね。一般的な意味で「バットの名人」といったのではなくて「あのバットを巧妙に使う」というような含意があったのでしょうか。
2007/07/16(月) 14:19 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
たんご屋さんのおっしゃりたいこととは少しずれるかもしれませんが、
わたし的には、「バットを持ったアーティスト」より「芸術的なバッター」の方が、監督の言いたいことを表しているような気がします。「バットを持ったアーティスト」だと直訳っぽいと言うか、「バットを持った芸術家」って、何だかそういうデザインの彫刻か何かを説明しているみたいな感じがしませんか?
また、メディアのほとんどが「芸術的なバッター」としたのは、上記の理由に加えて「最初に訳した通訳さんがそう訳したから」ではないでしょうか!?
2007/07/17(火) 08:22 | URL | すー #-[ 編集]
うーむ。Mickey さんもたぶんそうだと思いますが、すーさんにも、わたしの文章が明瞭でないせいでどうも誤解させてしまったようですね。すみません。
本文の最後に書いたとおり「芸術的なバッター」はうまい訳だとわたしも思います。
そして、メディアのほとんどは「芸術的なバッター」ではなくて「バットを持った芸術家」と訳しているんです。おっしゃるとおり、おそらく同じソースを使ったためにそうなったのでしょう。
ただ、「芸術的なバッター」とか「バッティングの名人」のような idiomatic な日本語にあえて訳さないとしたら「バットを持ったアーチスト」のような比喩的な訳もありえるとわたしは思います。「氷上のアーチスト」「波のうえの魔術師」といったような表現と同じような言いかたです。原文もいってみれば比喩的表現(つまり an artistic batter ではない)ですからね。その場合は、「バットを持った芸術家」よりも「バットを持ったアーチスト」のほうがよいと思うわけです。
2007/07/17(火) 09:53 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
たんご屋さん、おはようございます。
あの後、ちょっと気になってその監督の言われた言葉をインターネットで探してみました。その前後の話の内容は分からなかったのですが、ものによっては、"that bat"ではなくて、"the bat"となっているソースもありましたね。
ただ、私が感覚的に思ったのですが(MLBに詳しくはないので、推測ですが)、イチローのバットはMIZUNOのICHIROモデルで、特注であるということ。また、こちらのメディアでは、時に"Ichiro's magic bat"と表されたりすることもある。こうしたことから、一つには・・そうしたバットを持った(魔法使いのほうきや杖のように・・例えが悪いかしら?)イチローということを強調したかったのかしら。。
最初にイチローがアメリカに来て、活躍し始めた時、こちらのメディアは半信半疑。。未だ、アメリカの国技?を体の小さい日本人がアメリカ人以上の成績を残すことが信じられないという気持ちを込めて、”バットの名人”と一般化しないで、”どんな球でも打ってしまうあのイチローのバットには、何か魔法があるんじゃないか・・”という、彼らの驚きが隠されているのかな・・と考えてみました。
これは、きっとイチローがこちらにおいて、実際にどんな立場にあるのかを知る必要があるのかもしれないな・・と思います。
2007/07/17(火) 23:58 | URL | Mickey #-[ 編集]
あらら、ちゃんと理解せずにコメントしてしまったんですね。
大変失礼いたしましたm(_ _)m
2007/07/18(水) 07:53 | URL | すー #-[ 編集]
なるほど、the bat という説もあるのですね。わたしはテレビのニュースで聞いたわけですが、その the だか that の部分にストレスがあったと思います。the にストレスを置くと「ズィ」になるのではないかと思うので「ザッ(ト)」と聞こえたということはたぶん that だったんじゃあないかなあという気はします。
いずれにせよ、なぜかバットを特定していますよね。ニュースではその部分だけしか映していなかったので、その前に何か言ったのかなと思ってコメント全文が出ているサイトはないかと、この記事を書くときに探してみたのですが、見つかりませんでした。
なるほど、イチローのバットは特注なのですね。わたしも野球にくわしくないので参考になります。こんなちょっとした発言でも背景を理解しないとうまく翻訳できないのですね。文芸翻訳や字幕翻訳というのは本当にたいへんな仕事なんだなあと思います。
2007/07/18(水) 08:15 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
いえいえ、わたしの文章が悪いのです。結論もわかりにくいし、わたし自身がどう考えているのかもわかりにくかったですね。でもいまさら直すわけにはいかないのでこのままにしておきます。こちらこそ、どうも失礼しました。
2007/07/18(水) 08:20 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/135-32f9c975
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。