上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログの個々の記事のこと「エントリ」という。わたしはカタカナ語を使うのがあまり好きではないので、エントリの代わりに記事という語を使っている。「記事」は新聞や雑誌などでよく使われる語なので、日記の項目にはちょっと大げさなような気もするが、ほかに適当な語がみつからない。

カタカナ語のエントリは英語では entry 。これは enter (を記入する)の名詞で、日記や帳簿などの記載項目のことだ。 つまり、英語と意味の違う和製英語というわけではなく英語でもそのまま通じるカタカナ語である。念のため。
コメント
この記事へのコメント
ブログ、コメント、トラックバックなどは英語のままですが、エントリーより記事の方が浸透していますよね。何でもカタカナにするかと思うとそうでもない、日本語のこういう選択が面白いと思います。
私はブログという言葉を初めて聞いたときには英語とは思えず和製英語ではないかと思いましたが英語なんですよねぇ。
2007/08/12(日) 16:16 | URL | ぐうたらぅ #h2gwSyWs[ 編集]
あれれ、そうでしたか。エントリのほうがよく使われているかと思っていたのですけれどね。
ブログは、アメリカンスクールの教師をしていたという知人も和製英語だと思っていましたから、あまり英語的なひびきではないのかもしれませんね。
2007/08/12(日) 19:39 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
最近、自分のブログで「記事」や「日記」という言葉を使うようにしています。といっても、カタカナを避けよう、という心がけからではありません。ともすれば長文になる悪癖があるので、とりあえず少しでも字数を減らそう、「記事」なら「エントリ」の半分の字数で済む、という、それだけの(情けない)理由です。

実のところは、個人のブログに「記事」とは大げさな、とも思うのですが、使い始めてみれば、「コンピュータ」という表記と同じで、要は慣れの問題のような気もしてきました。
2007/08/12(日) 23:06 | URL | 子守男 #SHLDkvn6[ 編集]
あ、エントリと記事のどちらが一般的かどうかはブログサービスによって違うかもしれません。私のブログサービスの説明ではエントリというカタカナ表記は見かけたことがなく、記事が大げさという感覚もありませんでした(私が記者気取りだったりして?!)。
個別記事のURLにentryが含まれていたり、ブログのデザインで「最近の記事」の見出しが「LATEST ENTRIES」となっているのを見て「あぁ英語ではそう言うのか。articleじゃないんだ。」と感心した次第です。
2007/08/13(月) 02:18 | URL | ぐうたらぅ #h2gwSyWs[ 編集]
なるほど、ブログサービスによって文化が違うのでしょうね。この FC2 ブログの前は アルクブログというところに店舗を置いていたのですが、そちらではエントリというひとが多かったような気がします。
2007/08/13(月) 06:47 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
なるほど、そういえばエントリより記事のほうが短いですね(笑)。
そうですね、広辞苑でも「記事」を
「事実を書き記すこと。また、(新聞や雑誌などに載る)その文章。」
と説明しています。でも、ブログ エントリのことを記事という習慣が広まれば記事の意味も変わっていくでしょうね。
2007/08/13(月) 09:18 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/157-92c00b36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。