上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
球技の bowling は「ボウリング」と書く。「ボーリング」と書くと温泉や石油などのために穴を掘るという意味である。とはいえ発音はどちらも「ぼーりんぐ」だ。

現在大リーグで活躍中の鈴木一朗選手は、日本語の表記としては「いちろう」のはずだが、日本での登録名は「イチロウ」ではなく発音どおり「イチロー」である。イチローのほうが軽快な感じがしてよい。もしイチロウという登録名だったら今のような国民的人気はなかったかもしれない。

いまはやりの「ハンカチ王子」とか「はにかみ王子」とかの王子は、だれもが「おーじ」と発音しているが表記は「おうじ」である。将棋や餃子の王将(おーしょー)も「おうしょう」だ。

では、お段の長音はなんでも「う」を使って表記すればよいかというとそうでもないからややこしい。「小売り」や「高利」は「こうり」だが「氷」は「こおり」である。愛知県蒲郡市も「がまごうり」ではなく「がまごおり」。「大きい」は「おおきい」、「多い」は「おおい」である。

ものの本によれば、お段の長音に「お」を使って表記するのは、歴史的仮名遣いで「ほ」とか「を」だった語だという。たとえば、「多い」は「おほい」、「十」は「とを」だったからそれぞれ「おおい」「とお」と表記するのだそうだ。

しかし、子どものころから現代仮名遣いを習ってきたわたしには歴史的仮名遣いで「ほ」「を」だったかどうかをにわかには判断できない。「シクラメンのかほり」の「かほり」は「かをり」が正しいといわれても、ああそうですか、というよりない。困ったものだ。
コメント
この記事へのコメント
やはり~。たんご屋さんのコメントを見て初めて気づきました。。競技のほうはボーリングではないのですね。そういえばボウリングと表記してありますね。。知らなかったです。。
2007/08/16(木) 09:27 | URL | Little My #GMiUtySc[ 編集]
失礼しました。通じればよいという考えかたもあるでしょうけれど、まあいちおうね。
ボウリング場が見つかりましたか。わたしが学生のころ行った駅前のボウリング場はずいぶん前に銀行と本屋になっちゃいました。それ以来このあたりでボウリング場を見かけたことはありませんでしたが、まだあるところにはあるのですね。
2007/08/16(木) 10:00 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
「ボウリング」(スポーツ)と「ボーリング」(掘削)は、映像業界の三大手引き、NHKの『ことばのハンドブック』にも『朝日新聞の用語の手引き』にも共同通信社の『記者ハンド』にも載っているから間違えないんですが、私には“ウエイトレス”が鬼門です。放送業界では“ウエートレス”なんですよ…(『朝日』と『記者ハンド』)。何となく気持ち悪いです。
ちなみに、実務翻訳では、こういう統一表記ってどういう仕組みになっているんですか? クライアントや案件ごとなんでしょうか???
2007/08/16(木) 10:26 | URL | すー #-[ 編集]
実務翻訳といっても、医療とか特許とか IT とか法律とか金融とか分野によってぜんぜん事情が違うだろうと思います。わたしのよくやる IT 分野でいえばソース クライアントか翻訳会社がスタイル ガイドを用意するのがふつうです。会社によって若干違いますけれど、常用漢字でない漢字は使わないとか、助動詞/副詞/接続詞などはひらがなで表記するというように共通していることも多いですね。
『朝日新聞の用語の手引き』と共同通信社『記者ハンドブック』はわたしもいちおうもっています。あまり使いませんけれどね。『記者ハンドブック』のほうはソフトウェア(Just Right 2)に組み入れたものです。実務翻訳者はもっているひとが多いのではないかと思いますが、まあ、ひとのことはよくわかりません(笑)。
2007/08/16(木) 12:39 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/160-a9e1b8fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ボウリングでの検索結果をマッシュアップ。一語から広がる言葉のポータルサイト。
2007/08/17(金) 06:56:05 | 一語で検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。