上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語は僕にとって、あくまでも手段であって、目的ではない。行くべきすてきなパーティーがなければ、靴ばかり磨いたって仕方ない。
「養老孟司×英文校正エナゴ スペシャルロングインタビュー」より)

本当にそのとおりだと思う。いくら英語ができても本人に内容がなければなんの意味もない。

英語を話すこと自体はえらいことでもなんでもない。どんな卑劣漢でも英語が母語なら流暢な英語を話す。そんなことは当たり前のことだが、意外に当たり前になっていないような気がする。英語ができるようになれば何かが達成されるという幻想をもち、英語自体が目的になってしまっているひとも見受けられるように思う。

英語ができるというだけで仕事になるのは通訳者や翻訳者ぐらいのものだろう。通訳者や翻訳者に内容がないと言いたいわけではない。通訳者の米原万里さんはたいへん内容のあるひとだった。そうはいっても「英語屋」ということばには軽蔑の含意がある。それは、英語屋は他人の考えた内容を右から左に移動しているだけで当人には内容がないと多くのひとが認識しているからだと思う。

英語(などの外国語)ができなくても、自分の分野でそれなりの知識や技術が身についていれば、その価値は言語を越えて理解されるものだろう。イチローの技術は、英語を介して評価されているわけではない。文化芸能に秀でたひとが外国人と対談するのをときどきテレビで見ることがあるが、そういうひとは、たとえ通訳を介してであっても片言の外国語であっても、自信をもって堂々と渡り合っている。うらやましいなあと思う。


関連記事:
養老先生と英語
コメント
この記事へのコメント
たんご屋さん、ご無沙汰していました。
養老先生のおっしゃること、正にその通りだと思います。もちろん流暢に言葉を扱えることは、出来ないよりも良いとは思いますが・・やはり本人に言いたいことの中身がなければ、会話はうすぺっらなものになってしまうでしょうね。仕事の上でも、言い回しや適当な語彙だけでカバー出来ないことを、易しい言葉で繰り返したり、詳しく説明を加えるなど工夫し、言いたいことを何とか伝える努力をしています。相手に伝えたいことがある・・ことが、コミュニケーションの基本ですものね。

私は英語が苦手だったのですが、アメリカで好きな仕事を続けていくために、それこそ悔し涙を流しながら(笑)英語に取り組みました(現在進行形です!)。でも、やはり言葉という形だけを整えても、文化、宗教などなど言葉の背景まで全て知るのは、至難の業。だから、語学の勉強はある程度までいったら、生活の中で言葉を感じていくことも大切だな・・と思っています。
2007/09/16(日) 01:55 | URL | Mickey #-[ 編集]
すみません、うすっぺら・・でした。
2007/09/16(日) 01:56 | URL | Mickey #-[ 編集]
どういうふうにことばを使うかというのは、よくも悪くも、そのひととなりを表しますね。それ自体が個性だと思います。この一年間、安倍さんの日本語を見ていてそう思いました。
2007/09/18(火) 22:51 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/181-2207303c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。