上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テレビを見ていて Myanmar を「ミヤンマ(ー)」と発音するひとがいるのに気がついた。

新聞などでは「ミャンマー」と表記されている。「朝日新聞の用語の手引き」を調べても「ミャンマー」と表記することになっているようだ。

ビルマ語の発音はわからないので、英語の Myanmar の発音記号を辞書で見てみたが、やはり、「ミャンマー」に近い発音のように思われる。しかし、TextAloud という英語読み上げ用ソフトウェアに読み上げさせると、なぜか「マヤンマ(ー)」とわたしには聞こえる。ニュースに出てくるライス米国務長官などは Burma と言っているので参考にならない。

「ミャン」と発音する日本語はたぶん「ミャンマー」だけだろう。だからその「ミャン」という発音に慣れていなくて「ミヤンマー」と発音するひともいるということではないだろうか。

「ミャ」という発音自体も日本語には少ないかなと思ったが「脈」という語があった。それに中京には「どえりゃあうみゃあでかんわ」という方言もある。やはり、「ミャ」のあとに「ン」が付く場合だけ発音しにくいのだろう。

追記:
発音だけでなく「ミヤンマー」という表記もネット上にはたくさんあるようだ。
同じページ内でミヤンマーとミャンマーが混在しているサイトさえある。
きっと、多くの日本語ネイティブはミヤンマーとミャンマーはほぼ同じで、区別する必要がないと考えているのだと思う。
コメント
この記事へのコメント
ミヤンマーと表記されることがあるから、その表記通りにミヤンマーと発音するという人も多いのではないかと思います。

目で字を見たとおりに忠実に発音する人は、結構多いと思います。アナウンサーなんかは、そうですよね。

最近の若いアナウンサーなどで、「サーバ」や「エレベータ」の語尾をバやタでぶつ切りにして、まったく語尾を伸ばさない人がいるのには、驚きます。

ミヤンマーで思い出すのは、キヤノンです。キャノンと書くと、キヤノンの人に怒られるそうですね。
2007/10/04(木) 12:09 | URL | Applecheese #xbh23Phc[ 編集]
なるほど、表記のほうが先ということですか。
そうか、文字のとおりに発音といえば、数日前に書いた「他人事」もそうですね。まあ、この記事は文字のとおりに発音していただかないと伝わりませんが(笑)。
そういえば、むかしは拗音の表記がなかったのでしたね。発音もなかったのでしたっけ。「ちょうちょう」が「てふてふ」ですものね。
2007/10/04(木) 12:40 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/199-25083a7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。