上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
細胞を媒介にして増える物質である virus は日本語で「ウイルス」と書かれるが、わたしが子どものころの本では「ビールス」と書かれているのがふつうだった。「ウイルス」はラテン語式の発音で、「ビールス」はドイツ語式の発音だそうだ。「ウィルス」と「ィ」を小さく表記することもあるが、それだとどのように発音するのだろう。ブルース=ウィリスのような発音になるのだろうか。

英語の virus は、「バイアラス」に近い発音である。むかし、会社員として海外に駐在していたとき、日本から来る出張者の多くがこの単語を聴き取れないことに気がついた。「ワイヤレス(wireless)」と聴き間違えるひとが多かった。たしかに、日本語の「ウイルス」と「バイアラス」ではあまりに発音が違うので知らないと聴き取りにくいだろうと思う。

これと似たような発音のしかたをする単語はたくさんあるだろうが、すぐに思いつくのは、cafeteria(カフェテアリア)とか serious(シアリアス)などだ。mysterious(ミステアリアス)もそうだ。このような発音をする単語はスペルに何か共通性がありそうに見えるが、はっきりとはわからない。ご存じのかたがいらっしゃったらご教示いただきたい。

追記:
mamarimama さんに、「ア」の入る発音は英国式であると教わった。mamarimama さん、どうもありがとうございます。
英国式、米国式の発音を音声ファイルでご紹介しようと思うが、初めての試みなのでうまくいくかどうかわからない。テストとして続きの領域に貼り付けてみる。

virus, cafeteria, serious, mysterious, area(英国式発音)


virus, cafeteria, serious, mysterious, area(米国式発音)


コメント
この記事へのコメント
こんにちは。興味深く拝読しました。Longman Dictionary of Contemporary English の CD で確認しましたが、virus, cafeteria, serious, mysterious, それに、area はいずれもイギリス英語では r の前に「ア」という音が入っています。この辞書によるとアメリカ英語ではこの「ア」は発音されないようです。ここからは推測ですが…。イギリス英語では、母音に続く r が /r/ とは発音されず、長音記号の役割を担う、つまり、音で表すなら /a/ (または、schwa)のように発音されるのが一般的です。(たとえば、park など。)先の単語の例では r の後に母音が来るので本来の /r/ 音が再度(?)発音される、つまり、一つの r が /ar/ のように2回発音されるようになったのではないかと思いました…。
2007/10/05(金) 18:50 | URL | mamarimama #-[ 編集]
さすがは mamarimama さん、よい情報をどうもありがとうございます。
そうか、これらは英国式の発音だったのですか。米国では「ア」が入らなかったのか…。それはびっくりです。わたしは米国には旅行でしか行ったことがありませんからね。残念(笑)。
r が 2 回発音されるというメカニズムは、うーむ…。なんとなくわかりました(笑)。
日本人としては、「ア」を入れる発音のほうが発音しやすいし相手にもたぶん通じやすいのではないかと思いますが、いかがでしょう。それとも、わたしがそちらのほうに慣れているだけなのかな。
2007/10/05(金) 19:33 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
私は、たんご屋さんの書かれた「バイラス」を拝見して逆にドキッとしたんです。今まで「バイルス」としか認識していなかったものですから。確かに、「シリアス」や「ミステリアス」の発音は そうかなぁ と思いまして、慌てて調べた次第です。
2007/10/05(金) 21:57 | URL | mamarimama #-[ 編集]
いやはや、どうもありがとうございました。
これまで「カフェテリア(キャフェテリア)」とか「シリアス」というのは日本式のカタカナ発音だと思っていたのですが、米国式の発音ならそうでもなかったのですね。勉強になりました。
ところで、音声ファイルを貼り付けてみました。もし、うまく再生できなければ教えてください。
2007/10/05(金) 23:14 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
私も日本語は「ビールス」で覚えたくちですが、英語の発音は大丈夫でした。というのは、子供の時に観た「ガメラ対バイラス」という怪獣映画について、どこかで(あるいは、だれからか)「バイラスはビールスの英語読み」と聞いたことがあるからです(この由来が本当かどうかは知りませんが)。中学生になって、「基礎英語」(この講座はアメリカ発音でした)でvirusが出てきた時は、「おぉ、本当にバイラスだ!」と思いました。子供映画も侮れません。

なお、virus をまさに英語風?に「バイラス」と呼ぶ分野もあるようです。
2007/10/06(土) 11:07 | URL | 子守男 #SHLDkvn6[ 編集]
ガメラ映画はたいてい見ているはずですが「バイラス」というのはよく覚えていません。そういう怪獣がいましたっけ。
辞書で virus を引くと確かに「バイラス」という訳語も載っているのですが、どのような分野で使われているのか判然としませんでした。どんな分野でしょうね。
ところで、最近「ヴィーナス ヴァーサス ヴァイアラス」というアニメがあったようです。今の子どもたちはそのアニメで「ヴァイアラス」という発音を覚えるかもしれませんね。
2007/10/06(土) 11:28 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/200-cf19ab31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。