上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
可能を表現するとき「受け取れる」と「受け取ることができる」のどちらがよいだろう。あるいは漢語やカタカナ語では「転送できる」と「転送することができる」、「インストールできる」と「インストールすることができる」ではどうだろう。

どちらかが一律によいということはありえないが、わたしは、自分なりの基準を決めて使っている。それは主節では「ことができる」のかたちを使うというものだ。従属節では助動詞の「れる」「られる」や「○○できる」というかたちを使う。

この基準に従うと、たとえば、「大量の文書を転送できるソフトウェアを設計することができます」というような文になる。逆にすると「大量の文書を転送することができるソフトウェアを設計できます」となる。わたしは前者のほうがよいと思っているが、どうだろうか。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/216-9695bc97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。