上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンピュータの苦手なひとは「わたしはアナログ人間なので」と自虐なのか自慢なのかよくわからないことをいったりする。

世の中いろいろなひとがいるのに「アナログ人間」「デジタル人間」などと人間を二分するのがまさに「デジタル」的発想ではないのかと思う。

あるサイトに「デジタル人間とはデジタル機器を使用するひと」と書いてあった。わたしは元システム エンジニアなので「デジタル人間」かと思っていたが、その定義なら明らかに「アナログ人間」である。デジタルカメラも iPod も持っていない。ゲーム機はずっと前にスーパーファミコンで将棋ゲームをしていたのが最後で、それ以降は持ってもいないしやったこともない。携帯用電子辞書でさえ持っていない。

デジタル機器を持っていないのは別にデジタル機器がきらいということではなく単純に経済的理由である。そういった製品を購入するだけの財力がない。すると、「デジタル人間」か「アナログ人間」かはお金があるかないかで決まることになる。これこそ「デジタルディバイド」なのか。

別のサイトでは、「デジタル人間とは何事も白黒ハッキリ決めたがるひと」とある。うーん、囲碁棋士とか裁判官がそうなのだろうか。まあ、上に書いたとおり、こういうふうに他人を簡単に類型化できると思っているひとがデジタル人間のような気もする。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/232-885e508a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。