上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぐうたらぅさんがこのようなテーマでブログを書かれていたので、思ったことを書いてみる。

そう聞かれたら、どう答えるか。うーん、まあ、できると言い切ってみよう。

展示会の通訳ならなんとかできるだろう。海外で困ったときに英語で助けを求めたこともあるし日本で困っている外国人に英語で対応したあげたこともある。だいいち、海外で英語ばかり使って仕事をしていたこともある。それなら、できるといえないとおかしい。

しかし、日本で「英会話ができる」と堂々というには英語母語話者に近い水準でなければならないという空気がある。そういう水準に照らせば、わたしなど「英語のできないひと」に入る。

だが、日本人の親に日本語で育てられた 3 歳の子どもに対して「この子はまだ日本語ができない」と思うひとはいるだろうか。たとえ間違いだらけでも、たどたどしくても、むずかしいことは理解できなくても、「この子は日本語を話している」と思うのがふつうだろう。

それなら英語だって同じで、日常生活で相手のいっていることがだいたいわかって、自分の言いたいことをなんとか表現できるのであれば、それで「英会話ができている」といってもよいと思う。

わたしは学術論文を書けない。学識もないが、学術論文を書くための専門的な日本語を知らない。同じ意味で、特許明細書も、契約書も、小説も書けない。だからといって、わたしは自分が「日本語ができない」とは思っていない。

つまり、母語でも外国語でも、仕事や趣味で言語を扱っているのでもないかぎり、その状況で必要なだけの水準で意思疎通できれば、その言語ができるといってもよいのだと思う。
コメント
この記事へのコメント
たんご屋さん、私のブログを取り上げて下さってありがとうございます。
「英会話できますか」なんて質問されても、「英会話」や「できる」という言葉のとらえ方は人それぞれですよね。
「日常生活で相手のいっていることがだいたいわかって、自分の言いたいことをなんとか表現できる」なんて私には程遠いですよ…ときには日本語でも(泣)。
3歳のときには、もう少しおしゃべりが得意だったんですがねぇ…(退化してますー?!)。
2007/11/27(火) 23:13 | URL | ぐうたらぅ #h2gwSyWs[ 編集]
どんな言語でも必要に応じて必要な技量で使えればよいわけですから、アメーバブログの「英会話できますか」というお題は日本人の英語コンプレックスに媚びたお間抜けなお題かもしれませんね。フランスやドイツならこういうお題はでないでしょうね(笑)。
ぐうたらぅさんはご自分のことを「日本語ができない」と書いていらっしゃいますので、ご自分に高い理想を課していらっしゃるのだなあと思っています。わたしも訥弁だし会話すること自体好きではありませんが、「日本語ができない」とは思っていませんからね。
2007/11/28(水) 08:17 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
ご無沙汰しております。。いやな話題ですね~。英語で話せますかって。。
専門分野はもともと欧米のカタカナ言葉が多いので、同じ専門家同士で、専門の内容に関しての話題だったら、結構気楽に意思疎通が成立。。問題意識も共通なのですごく共感し合えたりして。あれずいぶんと話せるじゃんとか勘違いしたりして。。むしろ。情けないのは日常会話です。食事中にそういう話でなごんでたりしていきなり日常会話になったりすると。。全く通じなくて、相手に???な顔をされ。。そのときは、通じるんだと思って調子にのって話していただけよけいに悲しかった。。です。。
2007/11/28(水) 14:59 | URL | Little My #GMiUtySc[ 編集]
それはそうかもしれませんけれど。
ネイティブが友だち同士で話すことや家庭での食事中の会話を、横で聞いているだけで理解できるノンネイティブがいたら、それは単に「その言語の会話ができる」という水準ではないですよね。わたしはその水準まで英語ができるようになりたいとは思わないですね。その必要もないし。

まあ、そういう会話は、米語が非常によくできるひとでも別の国、たとえばオーストラリアにいけば必ずしもよくわかるわけでもなかったりするんじゃないですかね。妻の実家に行くと義父や親戚の会話はわたしにはほとんどわかりません(笑)。テレビニュースなどでやっている中学生や高校生の会話もわからないことがありますね。日本語をしゃべっているはずなのですけれどね。
2007/11/28(水) 16:03 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/235-cbc3fb94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。