上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界フィギュア選手権が 22 年ぶりに東京で行われている。高橋大輔選手が男子シングルで銀メダルを獲得した。演技終了後に目に涙を浮かべていたのが感動的で印象的だった。

インタビューの受け答えも落ち着いていてまだ 21 歳だとはとても思えない。自分が 21 歳だったころを思い出してみると、これほど落ち着いたまじめな人間ではなかった。まあ、それはいまでもそうだが。

思えば、将棋の谷川浩司九段が名人位を獲得したのも 21 歳だった。やはり落ち着いてインタビューを受けて「実力より地位が先行した。名人位を1年預からせてもらいます」という名セリフを残した。1 つの世界に打ち込んでいる人は、それだけ精神的にも成長しているということなのかもしれない。あるいは、気負いとか照れとかいった世俗的な感情を超越しているのか。

今日は女子のショートプログラムだ。わたしのひいきは中野友加里選手。マスコミは浅田選手と安藤選手ばかりとりあげているが、中野選手にもぜひがんばってもらいたい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/24-54715210
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◇27日◇オーストラリア・メルボルン、ロッド・レーバー・アリーナ◇女子1500メートル自由形決勝
2007/03/28(水) 14:59:53 | 趣味ってなんぞや
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。