上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鍋物の白菜がくたくたに煮えたものはおいしいけれど、まだくたくたになっていないものはそれほどおいしいとは思わない。白菜のもともとの水分が残っていて鍋のうまみがなかなか染みないのだろう。

白菜は日本や朝鮮半島では漬け物にするのが代表的な食べかただ。つまり、本来の水分を抜いてうま味を足すとおいしくなるということではなかろうか。

ということで、白菜を鍋に入れる前に焼いて水分を抜いておくととてもおいしくなる。この方法は上沼恵美子さんの料理番組で知った。その番組では、適当な大きさに切った白菜を中華鍋に敷いて焼いていたと思う。

なるほどと思って、わたしもいったん焼いてから使うようにしている(面倒なときはそのまま使うこともある)。くたくたに煮えた白菜のようで、かつ甘味が強くなる。わたしは中華鍋じゃなくてオーブンレンジを使って焼いている。水分が多いからだろうか、かなり長時間焼いたとしても焦げて食べられなくなるということはない。少し焦げ目がつくぐらいのほうがむしろ香ばしてよいかもしれない。

鍋物の季節である。まだやってみたことのないというひとは、ぜひお試しあれ。
コメント
この記事へのコメント
こんにちは!
へえ、白菜を焼くんですか。初めて聞きましたが…
美味しそうですね。鍋のときにやってみます♪
2007/12/06(木) 10:24 | URL | すー #-[ 編集]
実は火曜日に牡蠣鍋をやりまして、焼いた白菜がとてもおいしくて「こりゃあ白菜だけで鍋をしても食べられるな」と思いました(笑)。水気を飛ばすのが目的ですから天日に干してもよいかもしれませんね。干し椎茸や切り干し大根も干すことでおいしくなりますが、野菜って水分を抜くとおいしくなるものなのでしょうかね。
2007/12/06(木) 10:49 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/240-4a450a9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。