上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
知らず間に」という表現がネットではけっこう使われている。ふつうは「知らぬ間に」というと思う。
取らぬ狸の皮算用」とか「ならぬ堪忍するが堪忍」というではないか。ところが、念のために Google で「取らず狸」「ならず堪忍」を調べてみたら、そのように書いてあるページが実際にあったのでびっくりした。

「ず」は否定の助動詞でその連体形が「ぬ」ではないかと思う。国語辞典や古語辞典を引いてみると、「ず」の活用のしかたは特殊だそうで、いろいろとむずかしいことが書いてあってわたしの理解を超えている。でも、そういうことで大きく間違ってはいないはずだ。

まあしかし、ちょっと下品だったり差別語だったりするけれども、「行かず後家」「見ず転(不見転)」「やらずぶったくり」「ならずもの」といった語もある。これらは冷静に考えると「連体形+体言」ではないけれど、「連体形+体言」のような語感ではある。そういうことばが現に存在するので、「知らず+間」というふうに終止形と体言を組み合わせてもあまり奇妙には聞こえないということがあるのかもしれない。
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。今年も興味深い記事を楽しみにしています。たんご屋さん の ご指摘とは ズレ てしまうかもしれませんが、私も どうしても気になる言葉遣いというのがあります。たとえば「何気に」「私(わたし)的に」「やっぱ」、それに「こんにち」などです。とはいえ、私自身、「国語」は得意ではないですし、知らずに誤った使い方をしているのではないかと思っています。気になりましたら それとなく(?!)どうぞ教えて下さいね。
2008/01/05(土) 17:39 | URL | mamarimama #-[ 編集]
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
国語というか日本語には興味がありますけれど、わたしも決して得意ではありませんよ。
「何気に」「やっぱ」というのは関東や東海あたりの方言なのですかね。静岡の友だちがよくそういうことばづかいをしていました。わたしの郷里のほうでそういう話しかたをするひとは今でもまずいないと思います。
「こんにちわ」はネットでよく見かけますけれど、本当に間違えているのか、わざと書いているのか判断がつきませんよね。「こん~」とかいうのもありますね。おもしろいもので、「こんちわ」「ちわー」「ちわーす」のようなくだけた言いかただと「は」ではなくて「わ」を使いたくなりますね。「こんにち(今日)」と助詞「は」を組み合わせているという感じがほとんどなくなっているからでしょうかね。
2008/01/05(土) 18:41 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/257-404282df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。