上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子どものころは、園芸などに使う小さい道具を「シャベル」、立って土を掘る大きな道具を「スコップ」というのだと思っていた。うちの実家では今でもそういうふうに呼び分けていると思う。逆に、大きいほうを「シャベル」、小さいほうを「スコップ」と呼んでいるかたもいるだろう。

シャベルは英語の shovel(shove は「押す」)に対応し、スコップは英語の scoop (すくい上げる)に対応している。業界では、足を載せる部分があってぐいっと押すこともできる道具を「シャベル」、足を載せる部分がなくて主にすくい上げるために使う道具を「スコップ」と呼び分けているらしい。

雪をかくことは shovel away snow というらしい。これに使うのはやはり「シャベル」だろう。

scoop は「スクープ、特種」という意味でもあるが、その意味と「すくい上げる」という意味に関係があるかどうかは知らない。「特種をすくい上げる」ということかもしれないし、そうではないかもしれない。ちなみに、日本語の「スコップ」の語源となったのは英語の scoop ではなくてオランダ語の schop だそうである。
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。そういえば、「ショベル カー」 という言う方も ありますね。これは和製英語のようですが…。「カップ」 と 「コップ」 について調べてみましたら、「コップ」 はオランダ語 kop が語源と書かれていました。外来語を調べてみると、色々面白いことが わかるかもしれませんね。
2008/02/24(日) 23:35 | URL | mamarimama #-[ 編集]
ああ、「ショベル」というひともいますね。
日本語の半分くらいは外来語でしょうか。わたし自身は言語に詳しくないので外来語の由来についてそれほど興味はありませんが、そういうことを研究しているひともいらっしゃるのでしょうね。
2008/02/24(日) 23:59 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/285-406d254e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。