上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
安倍首相の「子育てフレンドリーな社会」という表現は、根が関西人のたんご屋にはほとんどギャグのように聞こえる。「子育てを助ける社会」とか「子育てに有利な社会」でいけない理由がわからない。

あるいは糸井重里さんや仲畑貴志さんの書いた奇抜なコピーのようでもある。彼らなら「食いしんぼうフレンドリーなレストラン」とか「飲んべえフレンドリーな居酒屋」とか、おもしろおかしく書きそうだ。

「再チャレンジ」は「再挑戦」ではいけないのだろうか。「イノベーションの力とオープンな姿勢」は「技術革新の力と開かれた姿勢」で十分だと思う。

安倍首相は美しい国を標榜しているのだし、安倍内閣の伊吹文科相は「美しい日本語ができないのに外国の言葉をやったってダメ」といっているのに、「子育てフレンドリーな社会」というのはちっとも美しくない表現だ。
コメント
この記事へのコメント
あの総理大臣、シャボン玉のように壊れて消えたね…。
2008/07/05(土) 21:32 | URL | 座敷爺 #BXlAdvIo[ 編集]
安倍さんの政治家としての評価はわたしにはしかねますが、ことばの使い方は下手でしたね。
最近は山崎さんと舌戦していますね。証拠もなくああいうことを言ってもよいのですかね。北朝鮮に対する方針の是非は知りませんが、あの発言だけを取ってみるとただの中傷になっちゃっているような気がします。
2008/07/06(日) 09:37 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/29-b4b69956
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
親譲りのラッシュで小供の時から損ばかりしている。小学校にビーするタイム学校の二階から飛び降りて一週間ほど腰を抜かした事がある。なぜそんな無闇をしたとヒアーする人があるかも知れぬ。別段深いリーズンでもない。新
2007/05/30(水) 10:09:23 | たんご屋本舗
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。