上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



漢字と日本人
ISBN:4166601989 高島俊男 文藝春秋 2001/10 ¥756

高島俊男さんの「漢字と日本人」によれば、日本語の漢字に対応する英語の要素は「英単語」だそうだ。どちらも意味を構成する最小単位なのだから当然といえば当然か。しかし、漢字を文字だと考えていると英語のアルファベットに対応する要素だとつい思ってしまうのではないだろうか。わたしの場合はそうだったので、この本で蒙を啓かれた気がした。

Hello! アンニョン!<言葉のあれこれ ショートエッセイ> というブログの Tamigo さんは、「理ーズナブル」?~英単語のイメージと漢字 という記事で、reason が「理」、order が「序」にそれぞれ対応すると書いていらっしゃる。なるほど。

前の記事で performer という単語が「芸人」と訳された仕事のことについて書いたが、「」という漢字は英語の art に対応するのではないかと思った。「芸人」は artiste(artist)であり performing arts にたずさわる人たちだ。芸術は fine arts、武芸は martial arts、工芸は industrial arts。ちょっとこじつけがすぎるだろうか。もしかすると「術」という漢字のほうが art に近いかもしれない。

もちろん完全に一対一対応するということはあり得ないので注意が必要だが、英単語と漢字は意外によく対応するものがあるような気がする。この漢字は英単語でいえば何だろう、この英単語は漢字で表現すれば何だろうと考えるのは楽しいし、日本語と英語の両方の語彙増強に役立ちそうだ。
コメント
この記事へのコメント
記事と関係がありませんけど。
たんご屋さんの新しいブログをよんで、うれしいです☆

こんごもよろしくおねがいします~
2007/03/29(木) 12:24 | URL | ゆ #-[ 編集]
マルチリンガルの ゆ さんに来ていただいて、とてもうれしいです。あいかわらず、日本語や英語のことをブツブツ書いています。いろいろ教えていただければさいわいです。
2007/03/29(木) 12:57 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
たんご屋さん、お久しぶりで~す。
のらさん経由でこちらに来ました。

今日のブログを読んで思い出したのですが、うちの子供たちはフィンランド語を書き始めた頃、単語間にスペースの無い文章を書いていましたよ。日本語の影響でしょうね。
2007/03/30(金) 04:37 | URL | ココ #-[ 編集]
どうも、おひさしぶりです。
へえ、おもしろいですね。分かち書きをしないということですね。印欧語は分かち書きしないと読めないでしょうけれどね。まあ、書いた本人は読めるのでしょうから、そうしていたということかな。
2007/03/30(金) 16:59 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
こんにちは。久しぶりにたんご屋さんのブログにお邪魔します。
こういう本があったのですね。
英単語と漢字の対応,まだきっとたくさんありそうですね。単語と言うか,正確には形態素(語幹や接頭辞,接尾辞など)のレベルでしょうね。確かに,この対応を考えると一度覚えた英単語が忘れにくくなりそうに思います。
2007/03/31(土) 01:02 | URL | Tamigo #-[ 編集]
ありがとうございます。記事を紹介させていただきました。
なるほど、漢字のほうも部首で対応することがあるでしょうね。
英単語を語根で覚えるための本がよくありますが、あれは漢字のように視覚的に覚えるためのくふうがあればもっとよいのかもしれません。人偏ならどういう意味の漢字、といった覚えかたは日本人はそもそも得意でしょうからね。
2007/03/31(土) 07:22 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
ご無沙汰しております。きれいでさっぱりとしたサイトになっていていいですね。自分もなんとかしたいと思いつつ。全くその時間がございませぬ。
言葉のことで。思わず反応して。調べてみました。
「industrial arts」あまり聞かない言葉です。。が科目名としてはあるのですね。。英辞郎では「工業技術」??
「industrial design」は「工業意匠」。「product design」は「製品設計」。。もうどっちの日本語も使いませんね。。
厳密に言えば、漢字は中国語のような気がしますが。。
どうなのでしょうか。。
2007/04/02(月) 17:12 | URL | Little My #GMiUtySc[ 編集]
Little My さん、こちらこそご無沙汰しています。
industrial arts は、そうですか、あまり使いませんか。教えてくださってどうもありがとうございます。この表現は辞書に出ていた訳語の中から art を使っているものを引っ張ってきましたが、本当は日本語の「工芸」という言葉に対応しないのかもしれませんね。
漢字は日本語の文字だとわたしは思っています。というか、日本の学校では国語の授業でいっしょうけんめい漢字を日本語として教えているわけですからね。もちろんもともとは中国から伝来したものですし、今の中国でも漢字は使っていますけど、だからといって漢字が日本語でないとは考えません。ルーツを問題にするなら、ひらがなやカタカナも漢字からできたものですし、ローマ字も英語などからの借用ですから、現在においても日本には文字がないという結論になってしまいます。まあ、もともと日本には文字がなかったので漢字を借用して自国の文字にしたわけですが。
2007/04/02(月) 17:38 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/31-307853b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。