上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
素麺といえばやはり播州播磨が有名だ。先日西明石に住む友人と電話で話したら、今年は素麺が豊作で、姫路あたりの農家は収穫に大忙しだと言っていた。

素麺は果実のようでもあるが、実は植物学的には果実ではない。「花托(かたく)」と言われる部分にデンプンが集められてあのような姿となる。農家ではその部分を指で梳くようにつまみ、理容ばさみで切って収穫する。収穫した素麺には、薄く綿実油を塗り、手で延ばして干すのだそうだ。

素麺の木は、古くは奈良県桜井市の三輪地方で多く栽培されていたが、室町時代の中期に播州に移植された。播州での素麺栽培は基本的に家族経営で行われており、何年にも及ぶ交配の結果、長さの揃った素麺の掛け合わせに成功し、現在では全国一の生産高を誇るに至っている。

昨年の春は、西明石の友人が、まだ青みがかって透き通った取れたての素麺を送ってくれた。しかし、自宅で素麺を干すのは思いの外たいへんな作業で、上手な素麺にすることができなかった。

やはり、素麺は本物にかぎるようだ。


追記:
これは4月1日に書いた記事です。念のため。
コメント
この記事へのコメント
本物~!!(拍手)
1957年:BBCのパノラマのパロッディ・・ですよね。え、違う。どうしよう私だけ知らなかったのかもしれない・・(笑)
2008/04/03(木) 06:12 | URL | のら #-[ 編集]
あら、ご存じなかったですか(笑)。
今年は苗を分けてもらえるということなので、届いたらのらさんにもお分けしましょう。
トマトの缶に差しておけばよいそうですよ(笑)。
2008/04/03(木) 06:14 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
最初のコメントは、2008/04/02(水) 20:09 にのらさんにいただいたものです。ところが、わたしの操作ミスでうっかり削除してしまいました。申しわけありません。コメント通知メールから文面を復元して再掲させていただきました。のらさん、どうかご容赦ください。
2008/04/03(木) 08:50 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
たんご屋さんもうっかりミスするんだと何だかほっとします(何のこっちゃ)。さて苗用のトマト缶準備OK。あ~楽しみです(爆)
2008/04/04(金) 15:43 | URL | のら #-[ 編集]
恐縮です。そんなにしっかりしているようにご認識いただいているのでしょうか。残念ながらわたしは非常に粗忽な人間です。素麺の苗、承知いたしました(笑)。
2008/04/04(金) 17:44 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/315-f3accc1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。