上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日の仕事で、厳密な「である調」に翻訳するように指示された。慣れなくて大変だった。

厳密な「である調」では、たとえば、「だから」ではなくて「であれば」、「だろう」ではなくて「であろう」、「ならぬ」ではなく「ならない」と書くことになっているらしい。

このことは、象牙の塔に住む人には当たり前なのかもしれない。わたしは大学の文系学部を出ただけだし、優秀でも熱心でもない学生だったからか、これまで、「だ調」と「である調」の違いを意識したことがなかった。

このブログはこれまでどうだったかと考えてみると、文末以外は「である調」、文末は「だ調」を主体に使っているようだ。まあ、はっきりいってちゃんぽんである。

「だ調」なら「せぬ」「ならぬ」と書くのがふつうらしいのだが、わたしはこれまで「しない」「ならない」と書いていると思う。また、文末を「である」で終えることに抵抗はないが「であれば」とか「であろう」という表現はなんだか大仰な感じがして使えない。

「ですます調」と「だ、である調」は交ぜないほうがきれいだと思うが、「だ調」と「である調」も見る人によっては交ぜないほうがきれいに見えるのだろう。

そうはいっても、このブログを「だ調」で統一しようとか「である調」で統一しようとは考えていない。でも、文章を読むときや書くときはできるだけ意識するようにしようと思う。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/318-5b66bce4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。