上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「寝る」とはどういう意味だろう。なぜそんなことを考えたかというと日本語ノンネイティブの翻訳者、ゆ さんのブログ記事を読んだからだ。ゆ さんのブログは、さまざまな日本語表現に鋭くつっこんでくるので、ネイティブのこちらも考え込んでしまうことが多い。

「きのう、寝たとき電話して、ごめんね!」と ゆ さんが友だちにいったら、「寝る」は「ふとんに入る」という意味で、この場合は「寝ていたとき」が正しいと教えられたそうだ。

ゆ さんは「寝る」の意味を sleep だと思っていたので、「寝る」が「ふとんに入る」という意味だったら sleep じゃなくて go to bed じゃない、日本語では sleep と go to bed は同じことばなの、とふしぎに思ったらしい。

「寝る」は本来「床に入る(go to bed)」 とか「横たわる( lie down)」という意味で、sleep は「眠る」 だろうとわたしは思った。だから「寝たまま本を読む」ことはできるが、「眠ったまま本を読む」ことはできない。

「きのう、寝ていたとき電話して、ごめんね!」という言い方はもちろん正しい。思うに、「寝る」とは「床に就く」「就寝する」ということ、つまり「眠る」ことを中心とした私的な生活習慣的行為のことなのだろう。だれかが「寝ている」ときに「眠っている」かどうかはどちらでもよい。どちらにせよ、非常に私的な行為なので、眠っていようがいまいが、それを邪魔することは失礼なことだ。逆にいえば、「眠っているときに電話した」かどうかは本人でないとわからない。

しかし、どうやらそんなに簡単なことではなく、「寝る」という語は sleep という意味でもよく使われているようだ。たとえば、「立ったまま寝る」という表現をググってみると約 54,600 件もある。「寝る」の意味が go to bed/lie down だとすると「立ったまま寝る」ことは物理的に不可能だ。一方、物理的には可能なはずの「立ったまま眠る」という表現は約 4,820 件しかない。おもしろい。

英語にもあいまいな部分があるかもしれないと思う。sleep with という表現は、日本語の「だれそれと寝る」と同様に、性行為をもつという意味があるのではなかったか。眠りながら性行為をもつことは不可能なので、これは「眠る」というよりも「寝る」に近い。まあ、隠喩なのかもしれないけれど。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/324-7995f4e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。