上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
... provide customers a way to ... という英文に出くわし、最初はとくに変と思わずに訳したのだが、考えてみたら、これは学校で習わなかった構文だなと気がついた。provide という動詞は provide A with B または provide B for A というかたちで「A に B を提供する」という意味だったはずだ。

辞書を引いてみたら、ランダムハウス英語辞典に次のような記述があった。

Her prose provides us (with) a model of how to write.
彼女の文章は文章の書き方の手本になる
米では二重目的を取ることもある.

なるほど、そうだったのか。

with のない表現はこれまでにも何度か出くわしていたのだろうが、意味にまぎらわしいところがないので意識することなく通り過ぎていたのだろう。今回はじめて気がついた。

Google で "provide customers a way" をフレーズ検索すると、約 473 件のサイトが見つかった。"provide customers with a way" は約 9,830 件だった。やはり、with 付きのほうが多いようだ。

ランダムハウスによれば with を省略するのは米国の用法とのこと。試しに uk ドメイン限定で "provide * a way" を検索してみると、何と、この with のないかたちの文がいくつも見つかった。

The aim is to provide parents/carers a way to communicate with their babies through positive touch.
(www.wakefield.gov.uk/Education/EarlyYears/Choosing/ChildrensCentres/FamilyPlay/)

These files, such as “password.txt” and “log.nsf”, are known to provide hackers a way of penetrating Web applications.
(www.lodoga.co.uk/attackinfo/background/attackdetails.htm)

VME products helps to provide OEMs a way to extend. the life and capability of their current designs without.
(mototracker.atomicserver.co.uk/tracker/downloadfile.php?id=85)

どうやら、with なしの構文は英国でも使われているようだ。まあでも英語ノンネイティブであるわたしたちは、いつでも必ず with をつけるようにしたほうが安全なのだろうと思う。

追記:
『謎解きの英文法 文の意味』という本の「John donated the museum a painting は本当に『間違い』か」というコラムには、通常は SVOO の動詞とは見なされていない donate に二重の目的語を取らせる用法について書いてある。

さらに追記:
典型的な第四文型の動詞である give なども、このような過程を経て二重の目的語を取るようになったのかなあと思う。

関連記事:
謎解きの英文法 文の意味
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/326-e791050d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。