上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「暴れん坊将軍」を放送字幕(聴覚障碍者用字幕)付きで見ていると、将軍が「ことわりにかなう」というようなことを言って、字幕は「理にかなう」で「理」の上に「ことわり」という小さな仮名が振られていた。「理(ことわり)」は「盛者必衰の理」で知られるとおり理屈とか道理という意味だが、日常使う語ではないので子どもなどには知らないひともいるだろう。仮名を振るのは親切でよいことだと思った。ただ、字幕自体が本来キャプションなのに、さらに振り仮名という一種のキャプションをつけているのはおもしろいと思った。

日本語には文字だけで読み方が決まらないことがよくある。肉を焼いたときに出てくる「肉汁」は、わたしは「ニクジュウ」と読むが、「ニクじる」と重箱読みするひともいる(「ニク」は音読み、訓読みは「しし」)。料理の本に

肉汁を逃がさないようにホイルに包んでください

と書いてあったとしたら、「ニクジュウ」と読むか「ニクじる」と読むかは読むひとに任されている。

川端康成「雪国」の冒頭も有名だ。「国境」を何と読むか。

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。

コッキョウ」という読み方をするのは国家同士の境界のときで、これは上野の国(?)と越後の国の境界だから「くにざかい」が正しいという話も聞く。しかし、川端康成本人はラジオの対談か何かで、「コッキョウ」のつもりで書いたと言っていたそうだ。

英語では文字として書かれているものは同時にその読みかたも規定しているが、日本語では文字は必ずしも読み方を規定しないというところがおもしろい。その証拠に、「知識人(インテリゲンチア)」とか「ルサンチマン(うらみつらみ)」のいうふうに字と読み方に何の関連もない仮名が振ってある場合もあるし、「親切(おせっかい)」とか「正義(たてまえ)」のように矛盾する仮名を振ることで複雑な意味を表現することもできる。

つまり、日本語は、マンガと同様に、文字(絵)と読みかた(キャプション、吹き出し)を組み合わせて完成する。解剖学の養老孟司さんは日本がマンガの先進国である理由はこれだという。

養老先生によれば、脳の障害で文字が読めなくなる失読症という病気があるが、日本人の失読症には2種類あって、漢字が読めなくなる人と仮名が読めなくなる人がいるそうだ。つまり、漢字を読む(絵を見る)部分と仮名を読む(吹き出しを読む)部分では脳の使っている場所が違う。そのどちらに障害があるかによって漢字が読めなくなったり仮名が読めなくなったりするということだ。

西欧人は脳の漢字を読む(絵を見る)部分をその目的で使っていないから(つまりマンガを読むような文字の読み方に慣れていないから)、マンガ文化に遅れたわけだ。

冒頭に書いたとおり、最近は放送字幕を表示してテレビ番組を見ることがある。耳が悪いわけではないが放送字幕付きで見たほうがよく意味がわかることが多いからそうしている。これも、マンガのように文字を読む日本人の特性なのかなと思う。

でも、日本人ならみなそうとはかぎらないようで、妻は「うっとうしい」といって嫌がっている(笑)。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/330-3c8c5357
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。