上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日放送していた簡単な常識を当てさせるクイズ番組で、刀からできた慣用句として「別れた男女が元の状態に戻ることを『元の鞘に戻る』といいます」と紹介していた。

まったくの間違いだとはいわないが、ふつうは「元の鞘に収まる」というだろう。原稿を書いた人やナレーションをした人など放送されるまでに多くのひとがかかわっていただろうに、違和感を覚えた人はだれもいなかったのだろうか。考えてみれば、そういう番組の制作にかかわる人のほとんどはわたしより若いのだろうから無理もないか。わたしも年をとったものだと思った。

念のために Google でフレーズ検索してみると「元の鞘に戻る」が約 8,440 件、「元の鞘に収まる」が約 7,180 件だったので急に自信がなくなった。しかし、辞書を引いてみると「鞘」の項目で「元の鞘に収まる」という例文はあるが、「元の鞘に戻る」という例文はない。やはり「元の鞘に収まる」のほうがふつうの言いかただろう。

くだんの番組では、砂糖壺の砂糖を固まらせないためには食パンの切れ端を入れておけばよいという生活の豆知識も紹介していた。その理由を、食パンが湿気を吸って砂糖が乾燥するからと説明していたのは間違いだろう。砂糖が固まってしまうのは乾燥したからであって、食パンを入れるとさらさらになるのは食パンの水分が移って砂糖が適度に湿気るからだと思う。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/335-e93354a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。