上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の夕方、NHK BS で将棋名人戦第 3 局 2 日目のようすを見た。森内名人が駒得して陣容勝ちをしているというかたちで、いかにも森内名人の好きそうな局面になっていた。挑戦者の羽生さんは、素人目にはあまり意味のなさそうな手を繰り返しているように見えた。

羽生さんは現在いちばん有名な将棋指しだと思うが、意外なことにこれまで 4 期しか名人位についていない。ちなみに、現名人の森内さんや谷川浩司九段はそれぞれ 5 期、中原十六世名人は 16 期、大山十五世名人は 18 期も名人についている。なぜだか羽生さんはこれまで名人位にあまり恵まれなかった。だから、「羽生さん、今期もだめなのかな」と思った。

ところが、けさ起きてから録画していた深夜の速報番組を見て、羽生さんが勝ったということを知り、本当にびっくりした。もともと羽生さんは逆転の得意な棋士だが、相手は受けの名人であり、まさか逆転するとは思わなかった。

これで 7 番勝負は羽生さんの 2 勝 1 敗。今期こそ久しぶりに名人位を獲得するかもしれない。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/336-3b2ca48d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。