上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
道具といえばふつう人が使うものだが、TRADOS は翻訳者をこき使う道具だ。

ここのところ TRADOS の使用を指定された仕事をしていたが、あまりに TRADOS の不具合が多くて心身ともに疲れた。わたしの仕事は実は翻訳ではなく TRADOS のハングアップを防いだり入力可能な状態に戻るまで忍耐強く待ったりすること、つまり TRADOS の機嫌をとることだったのだと気がついた。

TRADOS とは原文の繰り返しに対して同じ訳文を繰り返し入力する手間を省いたり、過去の訳語の確認を補助したりして翻訳作業の効率を上げるように設計された翻訳支援ソフトウェアだ。

高価なアプリケーションで Microsoft Office のフルセットより高いと思うが、もし、Microsoft Office に回避不能な不具合があれほど大量にあったら社会問題になってしまうだろう。TRADOS の市場である翻訳業界はあまり大きくないので、そういうことはないようだ。

TRADOS を使わなければならないという理由で多くの優秀な翻訳者が IT 翻訳の分野から離れていった」というようなことを何年も前に書いていたサイトがあった。わたしも TRADOS は大嫌いだが、他の分野に移る実力がないからしかたがない。そのサイトのいうとおり、現在 IT 翻訳分野に残っているのはそういう人間ばかりなのかもしれない。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/339-ae4f8a63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。