上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福田首相に対する「問責決議」というのが参議院で決まったらしい。

問責決議というのは差別発言とか公約違反のような何か不祥事を起こした政治家に対してその責任を問うものなのだろうとわたしは思っていた。たとえば、五千万件の年金記録を名寄せできなかったことで桝添厚労相を問責するという主旨ならわかるのだが。

今回の決議は「後期高齢者医療制度の廃止要求に政府与党が応じない」というのがおもな理由だそうだ。特定の考えに反対することは責任を問われるようなことだろうか。自分の考えと違う考えに反対するのは政治家の大切な仕事だと思うのだが。仮に問われるべき責任があるのだとしても、それは福田さん個人の責任なのか。

自民党びいきなわけではないが、今回は伊吹自民幹事長や町村官房長官のいっていることのほうが筋が通っていると思う。


追記:
これに対して、衆議院の内閣「不信任」決議というのは、「内閣を信じて任せることができない」ということだから特定の責を問わなくても出せるという感じがする。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/353-ee0253d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。