上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




匂いをかがれる かぐや姫 ~日本昔話 Remix~
ISBN:483871727X 原 倫太郎 原游 マガジンハウス 2006/11/22 ¥1,000




連れ合いが勤め先の同僚から渡されたといって、この本を見せてくれたことがある。

一寸法師、かぐや姫、桃太郎のお話なのだが、それらのお話をいったんコンピュータの翻訳ソフトで英語に翻訳し、できた英文をまたコンピュータの翻訳ソフトで日本語に戻した文章で作成した絵本らしい。もとの日本語とそれに合わせた絵、また、翻訳の途中の英文も載っている。

表題の「匂いをかがれるかぐや姫」は、「かぐや姫」がまず "As soon as it smelled, princess" と訳され、それを日本語に戻して「匂いをかがれるプリンセス」になったところから付けたものだそうだ。

絵はとてもきれい。Amazon の書評でも「おもしろい」と評判が高い。

ところが、これがわたしにはちっともおもしろくない。どんな妙ちきりんな文章になっていても「そんなの当たり前じゃない。だからなによ」としか感じない。

翻訳ソフトがどんなにひどい日本語や英語を作るかはよく知っている。以前、機械翻訳ソフトを翻訳(英日)の仕事に利用していた。もちろん機械翻訳ソフトが使いものになる訳を作成してくれるわけがない。大量のマニュアルなどを訳すときに少しでも入力の手間を省くために利用した。つまり、機械翻訳ソフトの作った妙ちきりんな文章を編集するようにすれば日本語をいちから入力するよりは少しは楽なのではという発想だ。いまもそういう方法で翻訳をしている人がいると聞いている。

ある翻訳ソフトは "He is" を「ヘリウムは」と訳してくれた。また、number を「より痺れた」と訳してくれたときに、ああ、numb の比較級のことね、と気づくのにしばらく時間がかかった。機械翻訳ソフトのこういう妙ちきりんな文章をいやというほど読んだことがあるので、この本の訳などは、けっこうよくできてるじゃない、翻訳ソフトも少しは進歩したのね、と思うのだ。

(以前別のブログに書いた記事を若干修正して再掲しました)
コメント
この記事へのコメント
小金井の桜、目が覚める華やかさですねぇ。そうなんです、平日の公園って週末のそれと全然違うのですよね。ところで、’ヘリウムは~’’より痺れた’訳。朝から大爆笑です。昨日から体力勝負時期に突入(筍堀りシーズン)で、身体が鈍っていた所に急に動いたせいか、身体も気分もどよーんとした朝。が、こちらで笑ったり頷きながらちょっと気分が軽くなりました~。ちょくちょく会社の技術書を持ち帰っては、ちょちょっと訳してよと無理難題をふっかける旦那にこの本買ってあげようかしら。。
2007/04/06(金) 10:12 | URL | のら #-[ 編集]
子どもがいないので「公園デビュー」をしたというわけではないのですが(笑)運動不足になりやすい仕事なので積極的に行くようにしています。というか、もうやみつきになっていて晴れた日は公園に行きたくてうずうずしています。これは会社を辞めてよかったことの1つですね。勤めていたときは公園に行く楽しさなんて知りませんでしたから。
「ヘリウム」の訳は、なるほどそういう受け取りかたもあるのかと逆に感心しちゃいますよね。科学技術専用辞書とかいうのを使ったらそういう訳が出てきちゃったのです。なるほど科学的な訳だ(笑)。「より痺れた」のほうは、そう解釈するほうがむずかしいだろうに、どんなプログラムの書きかたをしたんだ?と思いました。
TRADOSなどの翻訳支援ソフトを使うようになってからは機械翻訳ソフトを使っていませんので、本文に書いたようなことはずいぶん前の話です。さすがにいまはそこまでひどいソフトはないでしょうね。
2007/04/06(金) 10:50 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/37-c8e16ae2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。