上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
YOMIURI ONLINE:NHK、アナログ放送にロゴマーク--地デジ完全移行へ告知

NHK は、アナログ放送の画面右上にロゴマーク、画面下部にアナログ放送終了を告知するテロップを流すという。原則として全番組で表示するというから NHK スペシャルでも映画でもコンサート中継でもそういうテロップを流すのだろう。

映像の仕事にたずさわっているひとたちにとって映像というのはとても大切なものだろうと思っていたのだが、このニュースを読んでテレビの世界というのはそうでもないのだなあと思った。

こういうのは、例えていえば、上映中の映画にテロップを流すとか、美術館のすべての絵画に広告バナーを貼り付けるとか、クラシックの演奏中に CM を流すようなものだと思う。映画監督でも画家でも音楽家でも、大切な自分の作品にそのようなことをされることを許さないだろう。NHK の番組を制作しているスタッフはそういうことをされてもかまわないのだろうか。

もっと問題だと思うこともある。わたしの父のように字幕チューナーを使って聴覚障害者向けの放送字幕を見ているひとの場合、字幕がそのテロップとかぶるのではないかということだ。かぶらないように字幕の位置をずらすという措置をとるかもしれないが、そうすると今度はひとの顔の上に字幕が重なって表情が見えず番組の流れがわかりにくくなったりする。わたしもときどき放送字幕を見ているので、そのようになったときのうっとうしさがわかる。

そんなに告知が必要だというのなら、民放の CM と同じ方式で、定時のニュースの時間に 1 分でも 2 分でも使って告知用のコーナーを作ればよいのに。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/372-84cd6ce3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。