上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月の 15 日に、20 万隻(セキ)の漁船が一斉休漁したというニュースがあった。そのことについてはいろいろ思うことがあるが、いまは書かない。

わたしの父は漁師だ。やはり 15 日には休漁したと聞いた。しかし、父の舟は船外機をつけただけの小舟だから、数えるなら 1 セキというよりは 1 ソウ(艘)だろうな、と思った。

1 セキ、2 セキというのは大きい船の数えかた、1 ソウ、 2 ソウというのは小さい舟の数えかただ。明鏡国語辞典では、次のようになっている。

せき【隻】(造)
④船を数える語。「貨物船二─」

そう【▼艘】サウ(造)
小さい船を数える語。「三─の屋形船」


日本語で数えるときにソウを使うかセキを使うかという違いは、漢字の表記でいえば、「船」と「舟」の違いに相当するような気がする。「船」は大きい乗りもので「舟」は小さい乗りものだ。


子守男さんが、芭蕉の「奥の細道」の既存の英訳をいくつか挙げて、冒頭の部分の訳しかたを比較するというたいへん興味深い記事をかいていらっしゃる。「舟の上に生涯をうかべ」という部分の「舟」を、ship と訳しているものと boat と訳しているものがあるらしい。

子守男さんは、ship は大きい乗りものを連想するのでどうもしっくりこないそうだ。わたしもそう思う。そもそも、ship と boat はどう違うか。

Collins COBUILD English Dictionary では、次のようになっている。

ship
A ship is a large boat which carries passengers or cargo.

boat
1 A boat is something in which people can travel across water.
2 You can refer to a passenger ship as a boat.


つまり、a ship は「船」で 1 セキと数える、a boat は「舟」で 1 ソウと数える、というふうに理解しても大きく間違ってはいないようだ。

ネットで少し調べてみたら、どうやら、boat を収容できるものが shipで、ship に収容できるものが boat という定義が一般的らしい。ただし、例外的に、大きなものを boat と表現することもある。COBUILD にあるとおり、客船は a passenger boat と表現するのも一般的なようだ。カタカナ語の「ボート」とは意味するところが少し違うので、その点は注意が必要だと思う。
コメント
この記事へのコメント
拙文を取り上げていただきましてありがとうございました。実はアップしてから、「次はshipとboatについて調べてみると面白いかな」と考えていました。しかしたんご屋さんがわかりやすくまとめていらっしゃるのを拝読し、これは自分で調べるまでもないなと思いました。大変参考になりました。
2008/08/01(金) 01:26 | URL | 子守男 #SHLDkvn6[ 編集]
奥の細道の「舟の上に生涯をうかべ」というのは、矢切の渡しのような、川の渡し舟の船頭さんを想像していました。しかし、子守男さんがブログに紹介なさっている英訳例には Those who steer a boat across the sea というのがありますね。このように訳した人は船乗りさんとか漁師さんを想定したのではないかという気がします。そういう解釈もあるのですかね。たしかに、わたしの父も「舟の上に生涯をうかべ」るものではありますけれどね。
これは子守男さんのブログにコメントすべきことだったですね。失礼しました。
2008/08/01(金) 07:40 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/378-1a487663
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。