上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
糊づけが好きで甚平はもちろんタオルにも下着にも糊づけする。妻はバリバリのタオルをいやがっているが、わたしは気持ちがよいと思っている。

衣類につける糊は、英語でいうと starch だ。コーンスターチの「スターチ」、つまり、デンプンのこと。こういう単語にありがちなことだが、「糊をつける」という動詞もそのまま starch である。

舌切り雀は糊をなめて舌を切られたわけだし祖母がよくお米を煮詰めて糊を作っていたこともあり、衣類に糊をつけるというのは日本古来からあるのだろうという印象がある。西洋ではどうかというと、wikipedia の starch の項に次のように書かれている。

Starch was widely used in Europe in the 16th and 17th centuries to stiffen the wide collars and ruffs of fine linen which surrounded the necks of the well-to-do.
Starch - Wikipedia, the free encyclopedia

西洋でもかなり古くから行われていたようだ。ひょっとすると、江戸時代ぐらいに西洋から日本に入ってきた習慣だったりするかもしれない。

衣類に糊をつけると堅くなってパリッとするし糊がとれるとやわらかくなる。そこからの連想だと思うが、英語では、starch に「堅苦しさ」とか「元気」とかいう意味があるようだ。

He is so full of starch he can't relax. 彼はこちこちになっていてくつろげない.
drain [or take] the starch out of a person 人の元気をなくさせる,無気力にする.
(ランダムハウス英語辞典)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/397-27486910
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。