上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インタフェース(interface)とは、2つのものの橋渡しをするもののことだ。コンピュータの分野では、機械と人間の橋渡しをするもの(ユーザインタフェース、マンマシンインタフェース)のことを指すことが多い。マウスやキーボードもそうだし、音声入力のマイクもそうだ。もちろん、操作方法や操作感もインタフェースという。

わたしは「インタフェース」と書くのがくせになっているが、これは情報処理分野に特有の表記のようだ。Google で調べると約 4,930,000 件のサイトが見つかった。ほかに、「インターフェース」というのもある。これはいちばん一般的な表記だと思う。Google では約 6,800,000 件。もう1つの表記は、「インターフェイス」。これは、Google では約 5,770,000 件だ。ある辞書によれば、法律の分野ではこの表記を使うとのことだが本当だろうか。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/4-e48246a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。