上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホームページやブログなどで積極的にアフィリエイトをやっている知り合いがいる。アフィリエイトというのは、ブログや個人のホームページなどでよく見る広告リンクで、読者がそれにアクセスしたり商品を買ったりすることによって広告掲載者が広告主からいくばくかのお金をもらえるというものだ。

その知り合いと話していたら、そのひとが他人のアフィリエイト広告から商品を購入することを極端に嫌がっていることに気が付いた。

アフィリエイトのしくみをよく知っているわけではないが、他人のアフィリエイト広告から商品を購入しても、購入した当人が損をすることはないはずだ。おそらく彼は「他人が得をすること」が気に入らないのだと思う。さもしいやつだなあ、と言おうと思ったが、あまりに当然のことという口ぶりだったので言いそびれた。

最初に書いたように本人もアフィリエイト広告をブログや自分のホームページに載せている。それを見て購入してくれるひとがいることを期待しているのではないのか。そもそもアフィリエイトというのはそういうひとがいることを前提としたシステムだろう。なのに、当の本人が他人のアフィリエイト広告から購入しないということは、そのシステムを自ら否定していることになる。彼はその矛盾に気が付いていないようだった。

わたしは田舎者で人の好さには自信がある。あほうと思われるかもしれないが、わたしが彼の立場なら、他人が儲かれば多少なりとも景気高揚に貢献することになり、自分のサイトの広告をクリックしてくれるひとも増えるかもしれない、と考える。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/426-3560cca3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。