上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女流将棋「倉敷藤花戦」、高2・里見香奈さん初タイトル(読売新聞)

里見さんがついにやった。昨年のレディースオープントーナメントの決勝戦や女流王将戦の挑戦者決定戦ではいま 1 つのところで勝ちを逃していたが、今回は第一人者の清水市代さんに、なんと 2 連勝してタイトルを獲得した。高校生のころは年々強くなる。これから新しい花形棋士、第一人者になっていくことは確実だろう。

得意戦法が中飛車であるところ、実戦的で力感的な指しかた、終盤の逆転技など、師匠の森九段と似たところがある。キャッチフレーズの「出雲のイナズマ」は森九段の「イナズマ流」をもじってつけられたようだ。

出雲といえば NHK の連続ドラマ「だんだん」の舞台だ。「だんだん」のヒロイン役の三倉姉妹は将棋がテーマの連続ドラマ「ふたりっこ」でもヒロインだったということで、将棋にゆかりがある。そのうち、NHK か雑誌で里見さんと三倉姉妹との対談が企画されると見た。紅白歌合戦の審査員にも選ばれそうな気がする。

少女のタイトル保持者ということでマスコミにちやほやされるだろうと思うが、勘違いしてタレント活動に走り将棋の精進を怠るようなことがないようにしてほしい。だれとはいわないが、そういった例もかつてあった。


追記:
棋譜も見られる公式サイトがあった。


関連記事:
将棋女流棋士のこと
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/444-9b6a83fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。