上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンビニエンスストアは、単にものだけ売っているのではなくて、宅配、郵便、各種料金収納代行、コピー、ファックスなどいろいろなサービスを提供している。わたしは、クリーニング屋の衣類受け渡し代行もやればよいのにとずっと前から思っていた。ひとり暮らしの会社員だったころ、クリーニングを出したり取りにいったりするのがたいへんだったからだ。しかし、それをやっているコンビニ店舗はまだ見たことがない。

京都市で始まったコンビニ深夜営業見直しの議論の件で、コンビニは深夜の防犯や災害時の避難に役立つという主張を聞く。実際、コンビニの店長が集まった会場で警察庁の関係者が講演のようなかたちで防犯への協力を依頼している場面をテレビで見たこともある。本来警察庁なり防衛省なりの行政がやるべき防犯や災害対策のサービスまでコンビニが請け負うとは興味深いと思った。行政の視点でいえば民間委託ということか。

ひとり暮らしの会社員だった経験からいえば役場に住民票を取りに行くようなことも簡単ではない。行政だってサービス業なんだから 24 時間窓口を開けていてくれてもいいじゃないか、それに窓口のひとは公僕のくせに妙に愛想がなかったりするぞ。いっそ、コンビニを行政機関にしてしまうというのはどうか。コンビニで住民票も取れるし、婚姻届も出せることにすればよい。そして、各コンビニには警察官をひとりずつ常駐させれば治安維持にも役立つ。つまり、役場と交番とコンビニを合体させるのだ。とまあ、バカなことを夢想した。
コメント
この記事へのコメント
地方ではコンビニが減ってるように感じます。
よく使っていた近所のコンビニも閉店しました。24時間営業の義務を科せられるためアルバイトが見つからない場合には経営者が頑張らなきゃならない、その負担が大きすぎるということでした。失業者が多いなんて、どこの話でしょうね・・・ 
東京を含む大都市では考えられないようなことが地方では起きています。国会の議論を聞いていても、大都市周辺、日本人の3割程度のコンセンサスで日本を動かそうとしているように思うことがあります。
2008/12/19(金) 17:56 | URL | 彩季堂 #/aF5ZJNE[ 編集]
なるほど、田舎で 24 時間営業をして採算を取るのはむずかしいでしょうね。
それならなおのこと、もうコンビニは税金で経営することにすればよいのに(笑)。交番だって税金を使って 24 時間開けているんですから。
まあ、それは冗談で、コンビニのようなものは、本当は地方には必要ないのだと思います。まあ、突き詰めれば都会にも必要ないのですが。
2008/12/20(土) 08:15 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
 いやいや、道路と同じで実は田舎の方こそコンビニが必要なんですよ。そのあたり、都市圏の人(私も含む)には現実感や切迫感がないんですがね。
 高齢化で商店街が機能しなくなり、大規模小売店も近くにはない、交通の便も悪いとなると、近所にコンビニでもないことには生活が出来ない・・・ 
 冗談ではなく、税金の投入を図って欲しいくらいです。
2008/12/20(土) 13:13 | URL | 彩季堂 #/aF5ZJNE[ 編集]
まあ、資源やエネルギーが無限にあるなら田舎にもあってよいかもしれませんけれどねえ。コンビニとそれを支える物流、宅配便は、これまで石油を安く使えてきたことで支えられてきました。これから永久に続くわけではないでしょう。とくに、あらゆる田舎にまでコンビニをゆきわたらせるだけの資源は地球上に存在しないと思います。それは別にしても、通常の経営で採算のとれないサービスというのは「不必要に過剰な」サービス(便利さ)なのでしょう。

わたしの実家のある地域では、車で1時間圏内にコンビニはおそらくまったくないと思われます。帰省したとき、個人的には不便を感じますが一次産業に従事している両親が不便を感じているとは思えません。ふだんは自分で獲った魚や野菜を食べていますし、常に近所の人と野菜や魚をやったりもらったりしていますしね。24 時間営業のセブンイレブンやローソンは美しい田舎の景観に似つかわしくないとわたしは思います。
2008/12/21(日) 08:34 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
テーマがずれちゃいましたね。済みません。
たとえば30年前なら家族が機能していましたから、地方(田舎)でも問題なかったと思うんですよ。急速に年代バランスが変化し高齢化してしまった現在では、遠くまで出歩けなる世帯も多くなる。そんなときには、たんご屋が書いた「役場と交番とコンビニを合体させる」というのもバカな夢想ではないと思いますよ。現行システムを活用する方が何かと便利ですから。
「通常の経営で採算のとれないサービス」=「不必要に過剰なサービス」というのは必ずしも同意できません。採算が取れなくても必要なサービスというのは間違いなくあり、それをするのが行政のはずです。郵便事業もそうだったはずですが、経済性優先で営利企業にしてしまいました。また聞くところによると大学も独立行政法人化して以来、営利性の追求(実利性の高い研究の推奨)に重点が置かれているようです。政府のベクトルが経済のみに向かっているようで嫌な感じです。
2008/12/21(日) 11:22 | URL | 彩季堂 #/aF5ZJNE[ 編集]
現在のコンビニを役場化にするのではなく役場をコンビニ化すればよいのかもしれませんね。24 時間開けている必要があるかどうかはわかりませんが、雑貨や食品ぐらいは常備しておけば災害時にも役立つでしょうし。
「通常の経営で採算のとれないサービス」というと、教育とか医療、福祉についてはそれが理想かもしれませんが、実際にはそうはなっていませんね。税金を使う施設が無駄ばかり多くてもそれはそれで問題です。もっとも、何を無駄と考えるかもまたむずかしいですが。
2008/12/21(日) 17:26 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/452-3c8c3d2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。