上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英語で授業…「正直、無理」 高いハードルに先生困った (asahi.com)

日本の国民を英語ネイティブなみに英語で会話できるようにしたいのなら、インドやシンガポールのように算数も理科も小学校から英語で教えるぐらいじゃないとダメだろう。そうすれば、学問の世界でも経済や産業の世界でも、世界の国々と伍して活躍できる日本人が増えるのかもしれない。ただし、その場合、自国の言語を日本語から英語に切り替えていく、つまり英語を公用語にしていく覚悟が必要だと思う。

わたしは日本語が好きだから、そんな日本になってほしくない。万葉集も源氏物語も能も歌舞伎も落語も日本語を知っているからこそ堪能することができる。日本から日本語が消えたら、それらの文化も雲散霧消してしまうだろう。英語がしゃべれても「踏襲」さえ読めないようなひとばかりの世の中になるのは嫌だ。生徒児童には英語よりも日本語をしっかり教えてほしい。
コメント
この記事へのコメント
文科省のお役人はどうも極端から極端へ走る傾向があるようで、こういうスタンドプレーとしか言いようのないことを平気でやってしまいますね。「ゆとり」がようやく終わったと思ったら、今度は「英語授業」か(爆)
話題にはなるでしょうが、現実を知らない木っ端役人のタワゴトと言われても仕方がない・・・
母語がしっかりしないと、論理抽象能力が不完全になるという研究があるそうです。教育は国家百年の大計、小手先で弄くり廻さないで欲しいですね。
2009/01/01(木) 00:54 | URL | 彩季堂 #/aF5ZJNE[ 編集]
あけましておめでとうございます。
幼児にお遊戯させるような小学校の英語の授業?についても、そんな時間があるのなら日本語をきちんと教えろよと思います。麻生首相もひどいけれど、テレビの日本語についてのクイズ番組などをたまに見ると、けっこうよい歳の大人なのにあまりにも日本語の知識のないひとが多すぎます。数学者のピーター・フランクルさんは、「日本語のレベルの低下がとても気になる」「英語の単語を一つ覚えるよりも、まず日本語を一所懸命にやる。きれいな日本語で色んなことを表現できるようにする努力をしなくてはなりません」「母国語でうまく自分のことを人に話せない人はいくら英語をやっても駄目」とおっしゃっていますが、本当にそのとおりだと思います。
2009/01/01(木) 15:26 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
初めまして。この春まで塾教師をしていた者です。まったくお考えに賛成です。ずっとブログをあれこれ読んでいて、私のいる場はないかな、
もうやめようかな、と絶望しかかっていた時に、だんご屋本舗さんに巡り会えました。これからも読ませていただきます。
2009/01/13(火) 04:05 | URL | 沈丁花さん #m9.eh7ss[ 編集]
ご来訪ありがとうございます。よいお名前ですね。
これからも、この件に限らず、沈丁花さんのご意見をコメント欄でお聞かせいただければさいわいです。
2009/01/13(火) 09:37 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/455-10ef02e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。