上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蝋梅1 蝋梅2
白梅から 20m ほど離れたところに咲いているソシンロウバイ(素心蝋梅)。

本当に蝋細工のように見える。蝋細工のようなのでロウバイというのだろうと思っていたが、漢字源によれば陰暦十二月(臘月)に花が咲くからロウバイなのだそうだ。それが本当かどうかはわからない。現在では、蝋細工のようだからロウバイだと思っているひとのほうが多いだろう。

ウメとは別種だが、「からうめ(唐梅)」「なんきんうめ(南京梅)」ともいうらしい。ウメだって日本古来の植物ではなくて中国から日本に来たものだが、ロウバイは、比較的新しく、おそらく江戸時代ぐらいに中国から渡ってきたので、そのように呼ばれるということのようだ。

英語ではなんというのだろうと思って電子辞書を見ると、ランダムハウスに Chimonanthus praecox とあった。これは学名だろう。リーダーズにはJapan allspice、winter sweet という語が載っている。winter sweet とはきれいな名前だ。甘い香りがするからだろうか。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/467-a3a3d935
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。