上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日の「カンゴロンゴ」で、「行くに径(こみち)に由(よ)らず 」ということばを紹介していた。広辞苑は「小道や裏通りを通らず大通りを歩く。正々堂々と事を行うこと」と説明している。枝葉のことや目先の損得にこだわらずに本質に沿って事を進める、ということだろう。番組では、仕事の本質をないがしろにして出世のために社内の政治を優先したことで失敗してしまった男性に対してこのことばを贈り、次のようにいさめていた。

他の人に喜んでもらうことが、仕事の大道である。しかるに、大きな会社におると、往々にしてこの大道を見失ってしまう。古くなった会社には、たくさん小さな道ができるからです。
そういう小道というのは、一見、近道に見えることがあります。しかし、進んでいくとヘビが出たり、落とし穴が掘ってあったり、途中で途切れていたりするものです。

NHK 世直しバラエティー カンゴロンゴ」より

仕事の目的は他の人に喜んでもらうこと。これは本当にそのとおりだと思う。わたしの仕事も、なぜ翻訳するだけでお金をいただけてごはんを食べられるかというと、それが多少なりとも世のためひとのためになっているからであるはずだ。

最近は世の中全体にそういう感覚が薄れているのではないかという気がする。産地を偽装するなんてのは論外だが、たとえば接客を仕事にするひとはお客さまに喜んでもらえるように仕事をしているだろうか。物を作るひとはそれを使うひとに喜んでもらえることを第一に考えているだろうか。そういうひとも多いと思うが、そうでないひとも見かけられるような気がする。

わたしが子どものころ実家は夏期に民宿をやっていて毎年 2 ~ 4 人くらいのアルバイトを雇っていた。そのころ父は「雇ってやっているんじゃない。手伝ってもらっているんだ」とよく言っていた。父はもう後期高齢者だが未だに現役で漁業をやっていて、きつい作業はシルバー人材センターに登録しているお年寄りに手伝ってもらっている。他人を使っているのではなく手伝ってもらっているんだという気持ちは今でも同じだろう。そういった関係が「雇用」の本質ではないだろうか。

父が利用しているシルバー人材センターのしくみは最近話題の派遣社員とほとんど同じだろう。しかし、派遣社員を使っている企業は「手伝ってもらっている」と思っているのだろうか。そして、派遣社員のほうは「手伝っている」と思っているのだろうか。本質を見失うことは、「行くに径に由らず」の教えに反することになる。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/468-4bd8de0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。