上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、英語にたいへん造詣の深い子守男さんが、「good question は『いい質問』ではない」というおもしろい記事を書いていらっしゃった。

子守男さんは、インタビュー記事などの「That's a good question.」という英語は文字どおりの意味ではない場合があるから、たとえば「いいところを突いてきましたね」などとするとよいのではないかとおっしゃっている。

「That's a good question.」というのは、会社員だったときに会議か何かでだれかにいわれたこともあるし、自分でいったこともあると思う。また、日本語で「いい質問だね」などといったこともあったと思う。そういうときの自分の気持ちを内省してみると、たしかに文字どおりの意味でそういったわけではない。子守男さんの引用なさっている辞書にあるように、適当に場をつないで時間をかせぐためにとりあえず口に出した、あるいは「困ったことを聞くね」というような含意で、しかもその意図を相手も理解してくれるだろうと思って発言したこともあるような気がする。

それでも、やはり、「That's a good question.」を「それはいい質問ですね」と訳すべきなのではないかと当初わたしは思ってそのようにコメントした。なぜなら、そのとき、これは先ほど書いたような場つなぎなり皮肉なりの意図で使われる表現なのだろうとわたしは思っていたからだ。場つなぎや皮肉であれば、文字どおりのことを意味していないことはよくある。たとえば、ふつうは感謝の表現である「It's kind of you.」が状況によっては「大きなお世話だ」という意味で使われることもあるだろうし、「いいお天気ですね」などといっていても本心では天気のことなんかまったく気にしていない場合も多い。

そういう場合、発言者の真意は日本語でそのとおりに書いても伝わるだろうし、伝わらなければそれはそれでしょうがない。たとえば発言の意図が皮肉だとしたら、もともと皮肉というのは真意が伝わるかどうかを最終的な聞き手なり読み手に任せている表現であって、「いや、皮肉に聞こえるかもしれないけど本当にそういう意味でいったんだよ」と言いわけできる余地を少なくとも形式的には残しているわけだ。翻訳者が皮肉だと理解したとしてもそれは翻訳者の解釈になる。また、皮肉であることが明らかだとしても発言者は直接的な表現を使わずに皮肉で表現したという事実を残すことには意義があるだろう、と思った。

しかし、わたしのコメントに対して子守男さんが丁寧に説明してくださって、これは単に個人が皮肉として使うような表現ではなくて、すでに多くのひとがそのようにしか理解しないであろう表現になっているということかと理解できた。つまり、日本語でいえば「ご大層なことで」のようなものだ。これはほとんどの場合は「きみ、それはちょっとおおげさすぎるよ」というような意味だ。明鏡国語辞典でも次のようになっている。

ご‐たいそう【御大層】[形動]
他人の言動を大げさだとからかい、または皮肉っていう語。「─に理屈をこねるじゃないか」

このくらいはっきりと意味がきまってしまう言いかたなら、表面的な表現が示す意味ではない意味で訳すしかない。そういえば、英語にも big deal なんていうこれに似た表現があった。

わたしの認識が足らず、翻訳者の端くれとしてなんとも不甲斐ないことだった。これから精進していきたい。
コメント
この記事へのコメント
拙文を取り上げていただきましてありがとうございました。私も自分の書いたことが絶対正しいと確信しているわけではありませんので、いろいろご意見をいただければうれしいです。辞書やネイティブの声は頼りにはなりますが、実際の使い方、受け取り方は人によってズレがあって当然ですから、柔軟に構えていなくてはいけないなと思っています。

ところで私事ですが、近々また自分のブログを移転することにしました。連日スパム系TBやコメントが大量に来る状態が数か月も続いているのが一番の理由です。放っておいてもいいのですが、ちょっと気持ち悪くなりました。よろしければ引き続きご覧くださいませ。
2009/02/15(日) 17:42 | URL | 子守男 #SHLDkvn6[ 編集]
失礼いたしました。
何の対策もしていないのでスパムコメントはここにもよく来ます。スパムトラックバックはあまり来ませんが。
また、よろしくお願いいたします。
2009/02/15(日) 18:08 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
「That's a good question.」
議論などで答えに窮したときに、使い勝手の良い時間稼ぎの手だと思って、何気なく使っていました。でも、子守男さんの記事とたんご屋さんとのやり取りを拝見して、確かに思い当たることがありました。大変、参考になりました。
この「参考になりました」も、言い方によっては、気のない返事にも聞こえますけど、そういう言葉っていろいろありそうですね。
今回の「参考になりました」は、熱意のこもった感謝の意です!
2009/02/18(水) 19:15 | URL | 彩季堂 #/aF5ZJNE[ 編集]
実際に口に出していう言葉の表面的な意味とその真意が違うことはよくあると思います。それを翻訳なり通訳なりするときにどう処理するかというのは考えてみればかなりむずかしい問題だなと思いました。
まあ、わたしの仕事ではあまりあり得ないことですけれどね。
2009/02/18(水) 23:02 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/474-fa46edac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。