上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
めずらしく電車に乗ったら、武蔵野大学の車内広告にだれか有名な先生の話として「リベンジできる社会へ」というようなことが書かれているのを目にした。どう書いてあったのか正確に知りたいと思って Google で検索してみたが、その武蔵野大学の広告に載せられていた文章そのものは見つからなかった。だが、「秋葉原事件のような焼糞型事件を防ぐためにはリベンジできる社会を」というようなことの書いてあるサイトはけっこうあった。

しかし、英語の revenge は「復讐(する)」とか「仕返し(する)」という意味だ。

revenge
1 復讐 (vengeance), 意趣返し, 返報, 報復, 仕返し, 雪辱, 腹いせ; 復讐心, 遺恨.
2 復讐の機会; 【スポ・トランプなど】 雪辱の機会.
(リーダーズ英和辞典)

だから、文字どおりの意味で「リベンジできる社会」というのは、むしろ秋葉原事件のようなことが推奨される社会ということになると思われる。まあ、それは単なる挙げ足取りで、この「リベンジ」は安倍元首相のいう「再チャレンジ」と似たような意味だ。Wikipedia によれば、「再チャレンジ」は、一度就職活動や大学入試などで失敗した人が、何度でも挑戦できること、また挑戦できる社会 という意味だそうだ。

しかし、こういうリベンジとか再チャレンジとかいう語は、なんだか、よい大学やよい会社に入ること、あるいはお金をたくさん稼ぐことが「勝ち」で、そうでない人生は「負け」という価値観に基づいているような気がするのは、ドロップアウトした人間のひがみだろうか。

もちろん、本当はこのように生きたいけれど現在の自分は不本意な生活をしていると思っている人が、自分の理想とする生活に何度でも挑戦できるのはよいことだ。ただ、その理想が、むかし軍国少年といわれた人たちがそうであったような、社会によって無意識に押しつけられた価値観で作られたものでなければよいが、と思う。
コメント
この記事へのコメント
リベンジって言われると、確かに、一度は相手に負かされたけど今度はこっちが相手を負かす番だ・・・という勝ち負けの話のようですよね。リベンジと思うにしても、負かすのは競争相手じゃなくて、逆境とか運命とかいうように思いたいですね。
2009/03/08(日) 15:34 | URL | Applecheese #xbh23Phc[ 編集]
そうですね。こういうのを「リベンジ」なんていうのは、自分はより上質の生活をしていると思っている人の発想なのでしょうね。そして、そういう人たちは、だれもが自分たちのような生活を望んでいると思っているのでしょう。
2009/03/08(日) 22:51 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
「リベンジ」、野球選手が使ってから一般的になった言葉じゃありませんでしたっけ。
revengeって、かなり強い意味の言葉だという感じがあり、当時は違和感がありました。でも、
【スポ・トランプなど】 雪辱の機会
くらいの意味でも使う場合があったんですね。
2009/03/13(金) 18:36 | URL | 彩季堂 #/aF5ZJNE[ 編集]
野球は見ないので知りませんでした。そうでしたか。日本語でいえば、「辱めを雪ぐ」というとちょっと大げさかもしれませんが、「一矢報いる」とか「借りを返す」といった意味合いの表現なのでしょうかね。
2009/03/13(金) 22:25 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
私も野球はほとんど興味がないのでうろ覚えだったのですが「リベンジ」をウィキペディアで調べたら、
『「リベンジ」を格闘技・プロレス界の用語以上のものにしたのは、当時西武ライオンズの松坂大輔である。』
とありました。日本語として特殊な意味を持った言葉のようです。
2009/03/13(金) 23:13 | URL | 彩季堂 #/aF5ZJNE[ 編集]
松坂君ですか。
>日本語として特殊な意味を持った言葉
それはそうでしょうね。本稿のような意味では、いつごろ、だれが使いだしたのでしょうかね。
2009/03/14(土) 09:30 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/482-cf1ed404
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。