上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たまたま見たサイトに「面がゆい」という表現があった。知らない表現で、辞書にも載っていない。Google で検索してみると、「面がゆい」「おもがゆい」という表現は意外にもけっこう使われているようだ。「面映ゆい(おもはゆい)」と同じ意味で使われているものが多いような気がするが、そうとは思えないものもある。いくつか引用させていただく。なお、Google で検索すれば容易にたどれるはずなので出典 URL は省略する。太字はたんご屋。
  • 「現況のカード社会に逆向している面がゆさは多少ありますが何とかご理解下さること御願い致します。」
  • 「動くはずのものが動かないのは実に面がゆいものであります。 」
これらは、「歯がゆい」と同じような意味だろうか。
  • (花粉症に関して)「2、3日前から目が何となく「おもがゆい」ので今シーズンが始まったと思っています。」
  • 触れ合った皮膚がおもがゆい
これらは「むずがゆい」という意味のようだ。花粉症に悩むひとたちのあいだではよく使われている隠語なのかもしれない。
  • 「自分が作成したHPが消えたことになんとなくおもがゆい思いがする。」
  • 「ノスタルジーさをさらりとしたタッチでくすぐられたような、何とも面がゆい、いい読後感。」
これらの意味は、うーん、わたしにはよくわからない。

さらに検索してみると、文学作品でも使われているらしいことがわかった。どちらも戦前の作品。

 鷺太郎は、日中の強烈な色彩を、敬遠するという訳でもないが、でも、まだ水泳をゆるされていないので、あの裸体の国である日盛りの浜に、浴衣がけで出かけることが面繋(おもがゆ)くも感じられ、いつか夕暮の散歩の方を、好もしく思っていた。
「鱗粉」蘭郁二郎

それが今も扉を排して最初にその黒い骨組や、それを取巻く金属製の外科用器具類が眼に映じた瞬間、臆病な彼女は自身メスを突き刺さゝれるような不快な面痒(おもがゆ)さに心のすくむのを覚えたのであつた。
「三つの棺」山内 謙吾

前者の「面繋(おもがい)」とは「馬の頭から、くつわにかけて飾りとした組みひも(漢字源)」のことで、単なる当て字のようだ。「面映ゆい」の意味と思われる。後者は文字面からいうと「顔のむずがゆさ」という意味だろうか。

「おもがゆい」という語はこれまで見たことも聞いたこともなかったが、実はいろいろな意味でけっこう使われているらしい。そのうち辞書に載ることになるのだろうか。
コメント
この記事へのコメント
「おもがゆい」は始めて聞きました。
おそらく読んでも聞いても、「おもはゆい」、「はがゆい」の誤用だろうで済ましていたのだろうと思います。
こういうヘンテコな言葉は淘汰されて欲しいものですが・・・ 
2009/03/13(金) 18:42 | URL | 彩季堂 #/aF5ZJNE[ 編集]
うーん、これは新しい語として認識してもよいのかなと思います。ただ、いろいろな意味で使われ始めているようで、初めて出くわす人間には意味がよくわかりませんから、こういう意味だよ、ということがわかるような書き方をしてほしいですね。
2009/03/13(金) 22:31 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
たんご屋さんが挙げている例のように、意味に統一性がありません。誤用だから、意味も分からないように思えます。これを現時点で新しい言葉とするのは無理ではないでしょうか。
戦前であろうが、平安であろうが、中国の古典であろうが、誤用は誤用。そんな間違った例があったと思う方が良いと思います。
もちろん、言葉は生き物、変幻自在で良いとは思いますが、コミュニケーションの手段である以上、そこそこの「定義」がないことには全く「無意味」です。
2009/03/13(金) 23:25 | URL | 彩季堂 #/aF5ZJNE[ 編集]
そうですか。
本文では戦前の文学作品の例を挙げましたが、戦前だから正しいとか文学作品だから正しいというつもりで取り上げたわけではありません。ただ、この語は相当古くから使われていたということがわかっただけです。
文学作品では、語の使いかたは本当に自由でよいと思います。造語をしてもよいくらいですから。漱石は「肩が凝る」という言いかたを発明したといわれていますよね。
文学ではない実務的な文章では、おっしゃるとおり、このような意味の定まらない表現は使わないほうがよいのでしょうね。まあ、そういう文章でこのようなことばを使うこともないでしょうが。
2009/03/14(土) 09:44 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/484-36ac59fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。