上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中学生グループが「先生を流産させる会」と称して妊娠中の担任女教師に悪質な「いたずら」をしたという報道があった。

いたずら:教諭を「流産させる会」 男子11人、給食に異物--愛知の中学 (毎日jp)

妊娠や出産というのは、人間も動物、自然の一部、という当たり前のことを再認識させてくれる神聖なことだと思う。多くの子どもは、妊娠出産にかかわる経験をしておらず、禿げてもおらず、持病もなく、寄る年波を実感することもない。自分のからだを意識する必要があまりないから、人間のからだも「自然の一部」であるという実感が薄いのかもしれない。

このようなことをした理由は気に入らない席替えを強制されたことだとも聞いた。この子たちは、周りの人間関係のこと、人間の思惑や都合による世界しか見ていない、いや「見えなくなっている」んだろうなと思う。

まあ、生きものの命よりも人間の都合を優先するということは、子どもにかぎらず、まったくないというわけではない。いや、「人間の都合を優先する」というよりも、「人間の都合しか見えていない」といったほうが正確だ。1メートル立方の中に約1億の生命の個体がいるといわれている地面をコンクリート詰めにする「都会」という世界は本質的にそういうものだ。

そういえば、ミツバチが激減して農家が困っているという報道もあった。そりゃあ、田畑の「害虫」は殺虫剤で殺しておいて、その一方でハチだけは生き残っていて欲しいというのは「虫」がよすぎる。人間というのは、近視眼的にしかものごとを見られないものなのだなとつくづく思う。

世の中全体にそういう傾向があるから、こういう子どもたちが出てきたのかもしれない。子どもたちには、生きものでも夜の星でも、なんでもいいから人間の思惑の入っていない世界に親しんでほしいと切に思う。そうすれば、妊娠、出産という、いわば「自然現象」に畏敬の念をもつようになるだろう。
コメント
この記事へのコメント
初コメです。
アメリカのひぽです。

リンクの記事を読んだら学校側は「注意した」と書いてますが、これは話し合い+warningということですか?やっぱり日本だと停学・退学は extremeという考えなのでしょうか?

アメリカだと公立は1~2週間停学、私立なら退学になるようなことです。最低でもコミュニティーサービスを10時間ほどさせます。

担任の先生も生徒の親&学校を訴えることはしないんですか?訴えなくても undisclosed compensationなどもらえるんですか?
2009/04/03(金) 22:31 | URL | ひぽ #-[ 編集]
詳しくはわかりませんが、当人たちと保護者を同席させて謝罪させたということのようですね。この生徒たちはまだ義務教育期間でもありますし、教育によって対応しようということでしょう。教育機関ですからね。
日本でも、この件に関しては、処分が生ぬるすぎる、退学させろ、名前を公表しろ、刑事罰を与えろ、というような外野の意見はかなり多いみたいです。しかし、子どもたちのことをいちばんよくわかっているのはこの学校の教員たちですから、教育で対応できるとこの学校が判断したのでしたら、わたしはその判断を信頼します。外野としてはそうするしかないと思います。
担任の先生は、当面、学校なり保護者なりを訴えるつもりはないようですし、担任の先生が undisclosed compensation をもらうかどうかはわかりません。まあ、保護者はこの先生になにがしかの「お詫びの印」を渡しているかもしれません。
2009/04/04(土) 08:35 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
子供たちが自然と触れ合うことが極端に少なくなって、
自分たち自身もこの地球上に生きる生命体の一つである、
同様に他の人も、他の生き物も一つのかけがえのない生命体である、
という実感が希薄になっているのかもしれません。
大人も子供も、目の前のことしか視えず、
自分に直接つながるものしか念頭になく、
遠いもの、遠い将来、遠い国、そういったものに対し、
想像力を巡らせてみることができなくなりつつある。
この事件などもそういった現代の子供の心性をよく象徴している
事件のような気がします。
2009/04/08(水) 00:59 | URL | 沈丁花さん #m9.eh7ss[ 編集]
わたしのいいたかったことも、そういうことです。
それでも女の子だったら、こういう発想は絶対にしないでしょうね。
月経のない男の子だから、自分が自然から切り離されている、脳だけで生きているような気がしているのだと思います。
2009/04/08(水) 08:36 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/490-d8658218
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。