上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うちでは生協の宅配を利用している。ふつうは購入できる商品があらかじめ印刷された購入申込用紙で注文するが、今回はいろいろと事情があって当方の手元にカタログがない状態で電話を通して注文した。電話で注文する場合でもふつうは番号で注文することになっているが、手元にカタログがないのでわがままを言って特別に食品名で注文を受け付けてもらった。

まず、板海苔を頼むと「すみません、どういう分類になるでしょうか」といわれた。「乾物でしょう」と答えたのだが、どうやらその若い女性は「板海苔」という語を知らなかったらしい。その後、塩昆布を頼んだときも同じ反応だった。まあ、塩昆布は関西でよく食べられる食品だから関東の人にはあまりなじみがないのかもしれないが、板海苔を知らないというのはどういうことだろう。

さらに、「煮干し」を頼んだときも、やはり「分類は?」と聞かれたので「煮干しですから乾物でしょう」と答えた。まさか、さすがに煮干しを知らないということはないだろうと思ったのだ。しばらくして電話の向こうから「ああ、カンボシですね」と聞こえてきたときには耳を疑った。そのひとは、「煮干し」という字を「カンボシ」と読んだのだと思われる。うーむ、「煮干し」の「干」はたしかに「カン」と読むが…

年の差があるとはいえ、これほどまでにことばが通じないものだろうか。逆に、その女性はわたしの知らないようなイタリア料理とか東南アジア料理、お菓子などの料理名や食材の名前ならよく知っているのかもしれない。日本人の語彙は気が付かないうちに変わりつつあるということだろうか。
コメント
この記事へのコメント
やさしいコメントだなぁー。他の語彙が豊富なのに違いない・・・と思ってあげるなんて。私だったら、「物知らずな子だなぁ。」とか思ってしまうと思います~(汗)
2009/04/06(月) 13:32 | URL | キリギリス #-[ 編集]
うーん、板海苔って実は私も使わない単語でして(^^ゞ普通の海苔ですかね?きっとそういう子たちってキャラメルマキアートとかアラビアータとかラタトゥユとか、そーゆー言葉は知っているんでしょうね。なんか、日本語、日本文化の危機を感じますねえ。ちょっと大げさでしょうか。
2009/04/06(月) 15:35 | URL | サンディ #-[ 編集]
正直なところ、わたしも呆れました(笑)。
でも、考えてみれば、いまどき煮干しで出汁を引くひとはあまりいないのかもしれません。粉末だしがありますからね。
昆布やかつお節ならまだしもですが、煮干しは出汁以外には使いませんしね。
2009/04/06(月) 18:00 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
海苔だけですと佃煮の海苔などもありますからね。わかりやすいようにわざと「板海苔」といいました。
まあ、海苔や塩昆布よりも、「煮干し」が通じないことにびっくりしました。
うーん、日本語も日本文化も変わっているんでしょうね。当たり前の食文化が変わっていますからね。
2009/04/06(月) 18:07 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
大勢の中にはモノ知らずなコもいますからね。
また、最近は知らないことを恥とも思わないで、むしろ面白がり誇りにさえする風潮がありますから、中にはそんな無知な人もいるんでしょう。

でもミサイル誤報をさして、「羮に懲りて膾を吹く」なんてお門違いな言葉を持ち出す政府要人よりは、よほどたちがよいかもしれません(笑)
2009/04/06(月) 18:52 | URL | 彩季堂 #/aF5ZJNE[ 編集]
確かに「煮干し」を知らない人は、若いひとでもまだ珍しいかもしれません。
でも、これからは増える一方でしょう。家庭で作る料理から和食が減って洋食が増えているんですから。
2009/04/07(火) 07:33 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
おっしゃるように、年輩の者は逆に今時の流行りのものを知らないですし、
知らないこと自体は恥ではない、と思うのですが、
「知らなくて何が悪い?」と開き直ってしまわれたり、
「え?」と、ただぽかんとするだけで、こちらの方が変人、というような反応をされると、
がっくりしてしまいますね。
ああ、断絶!と、怒る気もしなくなってしまいます。
どこかで文化の伝達が途切れてしまった、そんなむなしさも感じます。
2009/04/08(水) 01:19 | URL | 沈丁花さん #m9.eh7ss[ 編集]
誤解のないように言っておきますと、この生協の女性はとても丁寧で親切なかたでした。決して開き直るとかいうような態度をとられたわけではありません。
まあ、蚊帳とか、豆炭、練炭のように、日常の生活で使わなくなったものの名前が通じなくなるのはしかたないと思います。煮干しも使われなくなってきているのでしょう。
2009/04/08(水) 08:42 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
こんにちは。

「板海苔」は、その言葉自体を知らなくても、「板」+「海苔」の想像力で補える範囲だと思います。

「塩昆布」も同様ですね。

「煮干し」は、言葉自体を間違えて覚えていたので、想像力は発揮しにくいですが、問題は単純で、要するに正しく覚え直してもらえばいいだけです。

いつも品番ベースで仕事をしていると、品物の名前に無関心になったり、言葉の想像力が働かなくなったりするんでしょうかね。

ここまでくると、想像力に期待したら妙な間違いだらけになりそうで、コワイです。
あくまでも品番ベースの方が無難かも。
2009/04/09(木) 12:54 | URL | tak #rwA/xJ6o[ 編集]
なるほど。想像力の問題もあるかもしれませんね。
ただ、ふだん品番ばかり扱っていると、官僚主義というのか、想像で勝手なものを選んではいけないという気持ちも強くなるのかも知れません。あえて想像はしないようにしているのかもしれませんね。
2009/04/09(木) 19:03 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/492-acab01c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。