上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



日本語力と英語力

著者: 斎藤孝/斎藤兆史

斎藤兆史さんは「『英語が使える日本人』幻想から醒めよ」といい、齋藤孝さんは「英語力の基礎は日本語力」という。本当にそのとおりだと思う。

おふたりは、「英会話ごっこ」のような早期英語教育、「実践コミュニケーション」主義で文法軽視の英語教育に疑問を呈し、基礎からしっかり教える教育を推奨している。特に齋藤孝さんは、英語なり日本語なりを学習するために「型」が重要だと強調している。この「型」は文法のこととも受け取れるけれど、もう少し広い意味だろう。武道や茶道などでいう「型」だ。野球でいえば素振りとかキャッチボール、将棋でいえば手筋とか定跡。まずは、そういった基礎となることを手本に倣って練習する。上達するにつれてどうしても手本に倣えない部分が出てくればそれがそのひとの個性だ。最初から個性があるわけではない。それが「型より入りて型より出づる」ということだろう。

わたしは英語が好きで学校でも個人的にもそれなりに勉強したが、社会人になるまで海外に行ったことがなかった。会社員になって海外出張や海外駐在で英語を使って仕事をすることになった。英会話学校で習うような For here or to go? とか Here you are. とかいった決まり文句は、覚えればもちろん役に立つけれど、覚えてしまえばそれでおしまい。応用もへったくれもない。けっきょく、ファックスとかテレックス、レポートなどを英語で書けなければ仕事にならない(当時はまだなかったが、いまなら「電子メール」を英語で書けなければ仕事にならないだろう)。そういうときにやはり役に立ったのは学校で習った文法中心の英語だ。This is a pen. とか He gives me a book. のような一見実用的でない英文のほうが応用がきく。

英語学習で「コミュニケーション」というと会話力という印象が強いが、読み書きだってコミュニケーションだ。国民全体の英語力向上によって国際競争力を維持強化するのが国策だというなら、むしろ読み書きの力を重視したほうがよい。学問や商業の世界で本当に必要なのは英語で世間話ができる能力ではなく、読み書きの能力だと思う。そのためには、この本でおふたりが主張しておられるように、小学校ではお遊戯のような「英会話ごっこ」をするのではなくかけ算の九九や漢文の素読、古文の暗記に対応するような骨太の基礎学習が必要なのだろう。
コメント
この記事へのコメント
いまだに「英語は苦手」感を持っていて、自分の英語の下支えはあくまでも日本語だと思っています。日英なら、いかに自分が訳せそうな日本語に置き換えるか、英日なら、私はどうやら3割程度しか聞き取れませんので、聞き取れた語+論旨汲み取り。論旨汲み取りがそれないようにするためには日ごろからのさまざまな知識で補うしかありません。息子は公立小ですが今年度から英語の授業が始まりました。はっ、ちゃんちゃらおかしいです。母語の文法すら確立してないのに(ええ、ひどいもんで、作文はおそまつ、主語述語修飾語関係すらあやふや)、なして英語???まだ中国語でも学んで漢字や語彙、四字熟語、故事漢詩などに親しんでほしいくらいです。
2009/04/28(火) 19:12 | URL | サンディ #-[ 編集]
お子さんがちょうど小学生英語のお歳なんですか。それはたいへんですね。たしかに、杜甫、李白の漢詩を読ませるとか百人一首を暗記させるほうがまだましなように思えます。
少し前に NHK の『クローズアップ現代』で「どこまで必要 日本人の英語力」というのをやっていて、企業が社員に対して、ともかく通じればよいという、いわば「車夫英語」的な英語研修をやっているのを紹介していました。わたしが会社員だったのはずいぶん前のことですが、何も変わっていないんだなあと感じました。こういう言いかたは反感を買うとわかっていますが、生徒学生のときに学校の英語の勉強をさぼっておいて社会に出たら手のひらを返したように、付け焼き刃でいいから英語を何とかしたい、というひとたちが多すぎますね。それでいて、日本の学校英語では英語が話せるようにならないと文句をいう。
嫌な流れだなと思って見ていたら、番組の最後のほうで鳥飼玖美子さんが「やはり読み書きできることが大切」という主旨のコメントをなさったので救われた気持ちになりました。
2009/04/29(水) 07:50 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
月並みな意見ですが、「読み書き」と「聞く話す」は別の能力だと思います。
私も海外経験は長くないですが、海外(英語圏)で仕事をするとき、あるいは会議に参加するとき、「聞く話す」の出来が悪いと相手にされません。まさか、いちいち筆談するわけにもいかないですよね。
仕事となると世間話レベルじゃなく、きちんとした会話力が要りますが、世間話も出来ないようでは、まさにお話しにならない(笑)
聞き取り能力(=発音能力)を高めるためには若年時からの「耳学問」はある程度必要だと思います。それこそ、rとlの区別なんて、10歳を越えたらまず不可能だってことになってますから・・・
その点では文科省の方針も一理ありだとおもいますが、問題は人材確保でしょうね。
「ですいずあぺ~ん」、「ひーぎぶずみあぶっ~く」でやられたら無意味・・・


2009/04/30(木) 20:57 | URL | 彩季堂 #/aF5ZJNE[ 編集]
わたしはそのようには思わないのです。
まず、「読み書き」の能力と「聞く話す」の能力がまったく別だとは思いません。個人的な経験としても、読み書きできる語彙が増えればそれだけよく聴き取れるようにもなります。当たり前のことですが、読み書きできない語や表現は話せませんし聴き取れません。
日本では英語の発音がよいというだけでコミュニケーションが上手と見なされるという奇妙な現象がありますが、日本人的発音であっても内容のあることをきちんと話せば相手は真剣に聞いてくれますので通じると思います。わたしたちが外国人の話す日本語を聞くときと同じです。逆に母語話者並に流暢に発音できても世間話しかできないようならそれこそ意味がありません。
もっといえば、すべての日本人が彩季堂さんのように英語で会話できる必要はないとわたしは思っています。それが必要な人は学校教育とは別に個人的に勉強すればよい。ましてや、ハンバーガー屋での会話を学校で習う必要はありません。
しかし、どうしてもこの国を旧英国植民地並みに英語のできる国にしたいのなら、小学校の教諭の半数は英語母語話者にして、少なくとも算数と理科は最初からすべて英語で教えるべきでしょう。かつての香港はそうだったと思います。そうなると、日本語は、日本語だけで高等教育を学べる言語ではなくなるでしょうが。
2009/05/01(金) 07:56 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
私がかつていた部署に、こんな後輩がいました。彼女は学生時代、いわゆる学校英語が好きになれず、英会話のレッスンを受けていました。そのうちに本格的に英語が好きになり、会話にとらわれない学習を進めたということで、高度な英語力を身につけました(といって職場ではいわゆる「英語屋」ではなく、仕事もまじめにしっかりこなす貴重な戦力でした)。読み書きの重要性を裏書きする一方で、入り口としての「英会話」も侮れないことを示す実例だと思いますが、いかがでしょうか。

私も、英語学習では「読み書き」や文法の学習が不可欠だと考えています。しかし、「スピーキング」を「読み書き」より一段低いように位置づけるかのような物言いに必ずしも与するものではありません。

「言葉を話して直接意思疎通をしたい」という(ある意味、人間の本能に根ざした?)欲求が、外国語学習の強い動機づけになることもあるのではないでしょうか。それに「いや、読み書きの方が大切だ」という正論をぶつけるのは、外国語、あるいは日本語に対する興味を摘んでしまうことにもなりかねないではないか(ちなみに国語教育でも、日本語の「聞く話す」にもっと関心が払われるべきだと思っています)。余談ですが、私の拙い海外業務経験で感じたのは、たんご屋さんと違って、「世間話ができる能力」が、定型的なビジネストークよりもある意味ずっと難しく、人と人とのつきあいでは時にはより重要な要素となりうるということです。

私は、たぶんたんご屋さんよりもずっといいかげんな性格なのでしょう、「読み書き」と「聞く話す」、また「英語」と「日本語」について、「どちらが先か」というように対立するものとして考えることはあまりなかったようです。まあこのへんは、いつものように agree to disagree ということにして、私もいつか自分のブログでこのテーマについて書いてみようかと思います。
2009/05/03(日) 01:10 | URL | 子守男 #SHLDkvn6[ 編集]
誤解ないようにいっておきますと、ご紹介した本は「聞く話す」ことを軽視した内容ではありません。齋藤孝さんは、良質の英文を「声に出して」読むべきだと主張なさっています。
わたしも「聞く話す」技能の習得についてはむかしから苦労しています。いまは英語を「聞く話す」ことは必ずしも必要ではなくなりましたが、それでも努めてテレビラジオで英語を聴いたり英会話サロンのようなところで英語を話すようにしたりします。やはり、会話は楽しいですからね。
しかし、英会話を主眼にすると、文法なんてどうでもよい、きれいな発音で話せればよい、という感覚になりがちと思います。ビジネスとか旅行とか何か特定の目的がある場合はそれが必要かつ有効なこともあるでしょうが、そんなことは義務教育でやるべきではないというふうにいまは考えています。わたしも他の本も読んでもう少し考えてみます。ご意見ありがとうございました。
2009/05/03(日) 08:16 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/500-e2f3134f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。