上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大手ネットショッピングモールの「楽天市場」には購入した商品のレビューを書くページある。そのページに、「商品の使いみち」を選択させるドロップダウンメニューがあるのだが、その選択肢を見て目がテンになった。
ドロップダウンメニュー
「実用品・普段使い」とか「趣味」とかいう選択肢は理解できるが、「プレゼント」と「ギフト」はどう違うのだろう。プレゼントよりもギフトのほうがやや硬めの表現かなと思うぐらいで、はっきりした区別があるような気はしない。母の日の贈り物は「プレゼント」か、それとも「ギフト」か。

このページを設計したひと、それを承認あるいは検収したひとたちは、「プレゼント」と「ギフト」は明らかに意味が異なっており、ユーザもその違いを知っていると考えているわけだ。また、大手サイトのページなのだから、おそらく何百万、何千万単位のユーザが実際にこのページを使っているだろうし、それらのひとたちも「プレゼント」と「ギフト」の意味の違いがわかっているのだろう。どうも、自分だけがわかっていないような気がしてきた。

英語としてはどうか。ロングマンの学習者用英英辞典は、present と gift をそれぞれ次のように定義している。

present
1 [C] something you give someone on a special occasion or to thank them for something; [=]gift:

gift
1 something that you give someone, for example to thank them or because you like them, especially on a special occasion; [=]present

どうやら、少なくとも英語学習者のレベルでは、present と gift の意味の違いを考える必要はないようだ。

しかし、次のように書かれているサイトもあった。

Careful users of the language make a distinction between the two words. A Gift tends to be much more valuable than a present. It usually passes from the rich to the poor, from the high to the low. A present, on the other hand, passes between equals or from the inferior to the superior.
The Difference Between Gift and Present

これは参考になる見解で、ギフトのほうが高価な贈り物で、裕福なひとから貧しいひとに、または上位者から下位者に贈られる、プレゼントは同位者同士または下位者から上位者に贈られるという。gift は神から授けられた才能のことでもあるから、上位者から下位者というのはなるほどと思う。そうではあっても、しいていえばそういうことが多いということで必ずそうでなければならないというわけでもないだろう。

ちなみに、「おもたせ」は来客が持ってきた手土産を,その客に出すときにいう語(新辞林)だから、この選択肢のように贈る側が使うのはおかしいようだ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/501-07aba5e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。