上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ひさしぶりに清水さんの小説を読んだ。小説の筋としては、おとなの恋愛の話、といえるだろうか。清水さんらしいナンセンスな味があるので恋愛小説というよりもユーモア小説というべきか。小説の本来の筋とは別に日本語についての雑学的なことがちりばめられている。それら雑学の部分は、ご本人が実際に経験して得た知識や他人から聞いておもしろいと思ったことを紹介していると思われる。

正直いって、単純に小説としてはいまいちの話だと思うし、日本語ウンチク本としてもさほど珍しい知識が書いてあるわけでもなくて中途半端な印象を受けた。しかし、つまらなくて読んでいられないというわけではなくそれなりにおもしろいので、電車や飛行機の中で読むのにはちょうどよさそうだ。1、2時間もあれば読める。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/522-c28cd129
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。