上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
所ジョージさんが司会をしている「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」というバラエティ番組で、中央アジア日本語弁論大会で優勝したウズベキスタンの大学生を日本に招待するという企画をやっていた。その学生は日本語学習歴が短いのにとても上手に日本語を話すひとで、日光や鬼怒川温泉、富士山、原宿など本人の行きたいいろいろな場所に連れて行ってもらっていた。とてもよい企画だった。余談だが、所ジョージさんの仕切っている番組は良質なものが多い。

番組では、日本に来てどう思ったかについてのスピーチをスタジオのタレントたちの前でその学生にさせていた。さすがに、中央アジア大会で優勝しただけのことはあってユーモアのある堂々としたスピーチだった。本当に彼があの原稿を書いたのだとしたら、実に頭のよいひとだと思った。

唯一残念だったのは、学生がスピーチの最後で「ごセイチョウありがとうございました」と言ったときに、画面に「ご静聴ありがとうございました」というテロップが表示されたことだ。記念になることだから、この学生さんは当然この番組の録画を母国に持ち帰ったことだろう。熱心に日本語を勉強している学生さんが「ご清聴」ではなく「ご静聴」というテロップのついた映像を持って帰ったのだとしたら、残念なことだと思う。


追記:
「ご静聴」でも意味が通じないわけではないけれども、聴衆は学生さんの視点に感嘆の声を上げたり学生さんの冗談に笑ったりして全体にざわざわしており、決して静かに聴いていたわけではない。ここでは「ご清聴」が妥当と思う。

せい‐ちょう【清聴】 ‥チヤウ
他人が自分の話などを聴いてくれることを敬っていう語。「御―を感謝します」
(広辞苑第六版)

コメント
この記事へのコメント
かなり前ですが、私もこの「ご静聴」が気になったことがありました。トラックバックを試みましたがどうもうまくいかないので、コメント欄に書かせていただきます。

http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/2007-09-20
2009/06/17(水) 00:18 | URL | 子守男 #SHLDkvn6[ 編集]
諒解しました。目に留めてくださりありがとうございます。
2009/06/17(水) 07:28 | URL | たんご屋 #Qhkulfr2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/523-e64e2eb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。