上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
わたしの住む地域では雲が厚くて日食をみることはできなかった。東京でも都心のほうなど地域によってみられたところもあったらしい。代わりに NHK の生中継を見ていたが、とてもすばらしかった。現地でレポートしていたひとも感動のあまり声をつまらせる場面があった。ラジオでも新聞でもこのような中継はできない。まさにテレビの面目躍如とするところだろう。

数日前に「日食にはなんで皆既日食と金環食があるの」と妻にたずねられた。最初は何を疑問に思っているのかわからなかったが、「地球から見て太陽のほうが小さく見えたら皆既日食で月のほうが小さく見えたら金環食やがな」と答えた。「地球から月までの距離や太陽までの距離はいつも同じなのになんで大きく見えたり小さく見えたりするの」とさらにたずねられたので、「地球の軌道も月の軌道も楕円だから大きく見えたり小さく見えたりするのよ」と答えると、「え、円じゃないの」とびっくりしていた。

惑星の軌道が楕円だと初めて気付いたのはケプラーだが、有名な天文学者のコペルニクスやガリレオでさえ惑星の軌道は円だと信じていた。神の創造した宇宙は単純で美しいはずだから円に違いないと思っていたようだ。それを考えると、妻が直観的に惑星の軌道を円だと思っていたのはそうふしぎでもない。

何にせよ、皆既日食や金環食が見られるということは地球から見た太陽の見た目の大きさと月の見た目の大きさがほぼ同じということだ。これはもちろん偶然だが、なんとも作ったようにうまくできているものだと感じる。もっとも、天文学的な時間の尺度でいえば、太陽はこれから少しずつ大きくなっていくし、月は毎年数センチずつ地球から離れていくので、何十万年も先になると地球から皆既日食を見ることはできなくなるだろう。いまのこの時期にたまたま地球上にいる脳をもった存在だからこそ皆既日食や金環食を見られるわけで、それもまた大した偶然だ。

皆既日食 a total eclipse of the sun; a total solar eclipse.
金環食 an annular [gold ring] eclipse (of the sun).
(研究社新和英大辞典より)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tangoya.blog95.fc2.com/tb.php/535-558d0898
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
あっ、コレっっご存じでしたか????早速調べてみました♪興味ある~たんご屋本舗 皆既日食 わたしの住む地域では雲が厚くて日食をみることはできなかった。東京でも都心のほうなど地域によってみられたところもあったらしい。代わりに NHK の生中継を見ていたが、とて...
2009/07/23(木) 10:03:27 | 日本鉄道旅行地図帳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。